Citrix SD-WAN Center 11.4

一次認証

一次認証

RADIUSやTACACS +などの認証サーバーを構成して、Citrix SD-WAN Center にログオンするリモートユーザーを認証できます。2要素認証が有効になっている場合、プライマリユーザーはリモートユーザーの最初の認証要素です。詳しくは、「2要素認証」を参照してください。  

必要な認証サーバーにユーザーアカウントが作成されていることを確認します。

RADIUS認証サーバー

RADIUS認証を使用するには、少なくとも1つのRADIUSサーバーを指定して構成する必要があります。オプションで、最大3つのRADIUSサーバーまでの冗長バックアップサーバーを構成します。サーバーは、[ サーバー] セクションに最初にリストされているサーバーから順番にチェックされます 。必要なユーザーアカウントがRADIUS認証サーバーに作成されていることを確認します。

RADIUS認証を有効にして設定するには:

  1. Citrix SD-WAN Center Webインターフェイスで、 管理 > User/Authentication設定に移動します 。

  2. 一次認証 > [RADIUS認証] セクションで、[ RADIUS認証を有効にする]チェックボックスをオンにします。  

    TACACS +認証がすでに有効になっている場合は、無効になります。

  3. [ タイムアウト] フィールドに、RADIUSサーバーからの認証応答を待つ時間間隔(秒単位)を入力します。

    タイムアウト値は60秒以下にする必要があります。

  4. [ Server Key] フィールドに、RADIUSサーバーに接続するときに使用する秘密鍵を入力します。

  5. サーバー鍵 の確認」フィールドに、秘密鍵を再入力します。

    タイムアウトサーバーキーの設定は、構成されているすべてのサーバーに適用されます**。**

  6. 2要素認証を有効にするには、[ 2要素を有効にする]を選択します。

    [ 2要素を有効に する]オプションは、セカンダリ認証サーバーが構成されている場合にのみ表示されます。

    RADIUS、またはTACAS+のいずれかでセカンダリ認証サーバーを構成する詳しくは、「二次認証」を参照してください。

  7. プラスアイコンをクリックします (+) サーバーの 横にあるRADIUSサーバーを追加します。

  8. [ IPアドレス] フィールドに、RADIUSサーバーのホストIPアドレスを入力します。

  9. [ ポート] フィールドに、RADIUSサーバーのポート番号を入力します。デフォルトのポート番号は1812です。

    ローカライズされた画像

  10. [Apply] をクリックします。

  11.  [ 確認] をクリックして、RADIUSサーバーへの接続を確認します。[ RADIUSサーバー設定 の確認]ダイアログボックスが表示されます。

    ローカライズされた画像

  12. 認証サーバーの有効なユーザー名とパスワードを入力し、[確認]をクリックします。

さらにサーバーを構成するには、手順7〜12を繰り返します。

TACACS +認証サーバー

使用するには TACACS+, 少なくとも1つのTACACS +サーバーを指定して構成する必要があります。オプションで、最大3つのTACACS +サーバーまでの冗長バックアップサーバーを構成します。サーバーは、[ サーバー] セクションに最初にリストされているサーバーから順番にチェックされます 。必要なユーザーアカウントがTACACS +認証サーバーに作成されていることを確認します。

TACACS +認証を有効にして設定するには:

  1. Citrix SD-WAN Center Webインターフェイスで、 管理 > User/Authentication設定に移動します 。

  2. 一次認証 > [TACACS +認証]セクションで、[ TACACS +認証を有効にする]チェックボックスをオンにします。  

    RADIUS認証がすでに有効になっている場合は、無効になります。

  3. [ タイムアウト] フィールドに、TACACS +サーバーからの認証応答を待つ時間間隔(秒単位)を入力します。

    タイムアウト値は60秒以下にする必要があります。

  4. 認証タイプ」 フィールドで、ユーザー名とパスワードをTACACS +サーバーに送信するために使用する暗号化方式を選択します。

  5. [ Server Key] フィールドに、TACACS +サーバーに接続するときに使用する秘密鍵を入力します。

  6. サーバー鍵 の確認」フィールドに、秘密鍵を再入力します。

    TimeoutAuthentication Type、および Server Keyの設定 は、構成されているすべてのサーバーに適用されます。

  7. 2要素認証を有効にするには、[ 2要素を有効にする]を選択します。

    [ 2要素を有効に する]オプションは、セカンダリ認証サーバーが構成されている場合にのみ表示されます。

    RADIUS、またはTACAS+のいずれかでセカンダリ認証サーバーを構成する詳しくは、「二次認証」を参照してください。

  8. プラスアイコンをクリックします (+) サーバーの 横にあるTACACS +サーバーを追加します。

  9. [ IPアドレス] フィールドに、TACACS +サーバーのホストIPアドレスを入力します。

  10. [ ポート] フィールドに、TACACS +サーバーのポート番号を入力します。デフォルトのポート番号は 49 です。

    ローカライズされた画像

  11. [Apply] をクリックします。

  12.  [ 確認] をクリックして、RADIUSサーバーへの接続を確認します。Verify TACACS + Server Settings ダイアログボックスが表示されます。

    ローカライズされた画像

  13. 認証サーバーの有効なユーザー名とパスワードを入力し、[確認]をクリックします。

    さらにサーバーを構成するには、手順8〜13を繰り返します。

一次認証