Citrix SD-WAN Orchestrator

ライセンス

ライセンス

Citrix SD-WAN Orchestrator サービスは、次の Citrix SD-WAN Orchestrator サービスユーザーにライセンスオプションを提供します。

  • Citrix Service Provider (CSP)
  • CSP 以外のパートナー:
    • Citrix Solution Advisor(CSA)
    • Citrix SD-WAN マネージドサービスプロバイダー(MSP)
  • 自分で行う(DIY)のお客様 — 直接エンタープライズのお客様

Citrix SD-WAN Orchestrator サービス請求マトリックス

課金マトリックスには、ユーザが使用できる課金モデルのタイプに関する詳細が表示されます。

請求マトリックス

トライアルモード

すべてのお客様は、トライアルをリクエストすることで、オンボーディングプロセスを開始します。お客様は、Citrix Cloud 上のCitrix SD-WAN Orchestratorサービスの「 トライアルのリクエスト 」オプションをクリックします。

トライアルモード

お客様の Citrix SD-WAN Orchestrator サービスアカウントは試用モードでプロビジョニングされます。試用モードはデフォルトで 60 日間継続されます。

試用期間が終了すると、動作は次のようになります。

  • プリペイドモデル:トライアルモードの有効期限が切れると、お客様のデータパスが停止します。有効なライセンスがアップロードされるまで、追加の変更は展開できません。Citrix SD-WAN Orchestratorサービスに対するお客様のCitrix Cloud資格は、最初の有効なライセンスがCitrix SD-WAN Orchestratorサービスでホストされると、試用版から本番環境に変更されます。アップロードされたライセンスの数とタイプに基づいて、同等の数のサイトに、適切な帯域幅エンタイトルメントを使用できます。「試用版の有効期限が切れました。プリペイドのお客様には、Citrix SD-WAN Orchestrator サービスで少なくとも 1 つの有効なライセンス資格を取得して本番環境にアップグレードし、ネットワーク機能を復元して使用を継続してください」と表示されます。詳細については、「 前払い請求モデルの資格の取得と割り当て」を参照してください。

  • 後払いモデル:後払いモデルは CSP パートナーとその顧客のみがサポートされます。試用期間が終了すると、パートナーは本番環境へのアップグレードを選択できます。「試用版の有効期限が切れました。「Upgrade to Production」をクリックすると、ネットワーク機能が復元され、引き続き使用できるようになります。」というメッセージが表示されます。 すべてのサイトのライセンスをアップグレードするには、「実稼働環境にアップグレード 」をクリックします。そのサイトのライセンスの詳細は、「 ライセンス使用状況インサイト」で確認できます。

請求モデル

ポストペイド課金モデル

CSP パートナーのお客様には、後払い請求モデルを使用できます。お客様は、 ネットワークのデフォルト請求モデルとして後払いを選択できます 。選択した課金モデルは、顧客のネットワーク内のすべてのアプライアンスに、デフォルトで適用されます。

後払い請求モデルを選択するには、Citrix SD-WAN Orchestrator サービスのネットワークレベルで [ 管理 ] > [ ライセンス] に移動します。

請求モデルを選択」をクリックし、「 後払い請求モデル 」を選択して、「 送信」をクリックします。

後払い請求モデルの選択

顧客が後払い請求モデルをプリペイド課金モデルに変更したい場合は、サポートチケットを発行する必要があります。

ポストペイド課金モデルでは、カスタマーネットワークの個々のサイトにライセンスをアップロードする必要はありません。各顧客のネットワークは、必要なデバイスモデルと帯域幅層で構成する必要があります。CSP は、顧客ごとに毎月課金されます。

プリペイド課金モデル

前払い請求モデルは、CSP パートナーおよび非 CSP パートナーのテナント、および DIY-エンタープライズのお客様で利用できます。次の 3 種類のプリペイド課金モデルを使用できます。

  • プリペイド年間サブスクリプション:プリペイドサブスクリプションには、1 年プランと 3 年プランがあります。サブスクリプションの有効期限が切れます。Citrix SD-WAN Orchestrator サービスとメンテナンスライセンスは同じライセンスに含まれているため、個別に購入する必要はありません。お客様のネットワーク内のすべてのアプライアンスには、前払いの年間サブスクリプションがあります。

  • プリペイド無期限:プリペイドパーペチュアルでは、ライセンスには時間制限、制限期間、有効期限はありません。ただし、Citrix SD-WAN Orchestrator サービス資格とハードウェアメンテナンス(SD-WAN 資格)ライセンスは別途購入する必要があります。カスタマーネットワーク内のすべてのアプライアンスには、前払いの永久サブスクリプションがあります。

  • ハイブリッド:ハイブリッド請求モデルでは、 お客様のネットワークで永久ライセンスと年間サブスクリプションライセンスの両方をサポートできます。カスタマーネットワーク上のアプライアンスは、プリペイド年間サブスクリプションまたはプリペイド永久ライセンスのいずれかを持つことができます。

前払い請求モデルを選択するには、Citrix SD-WAN Orchestrator サービスのネットワークレベルで [ 管理 ] > [ ライセンス] に移動します。

CSP をご利用の場合は、「 請求モデルを選択」をクリックし、 前払いの年間請求モデルと無期限請求モデルを選択して 、「 送信」をクリックします。

プリペイド課金モデルの選択

CSP 以外のカスタマーの場合は、ライセンスエンタイトルメントを直接取得して割り当てることができます。詳細については、「 前払い請求モデルの資格の取得と割り当て」を参照してください。

プリペイドをご利用のお客様は、Citrix SD-WAN Orchestrator サービスにライセンスをアップロードする必要があります。これらのライセンスは、お客様サイトごとにアップロードする必要があります。詳細については、「 前払い請求モデルの資格の取得と割り当て」を参照してください。

前払い請求モデルのエンタイトルメントを取得して割り当てる

構成変更を実行するには、Citrix SD-WAN アプライアンス資格と Citrix SD-WAN Orchestrator サービス資格の両方が必要です。ライセンス資格は、Citrix が電子メールで提供するライセンスアクセスコードを使用して取得できます。ライセンスアクセスコードは、特定の Citrix SD-WAN Orchestrator サービスのみ、Citrix SD-WAN アプライアンスのみ、またはその両方にすることができます。

または、お客様はCitrix Cloud 内のライセンス管理ポータルでアクセスコードを確認することもできます 。お客様は、 ネットワーク内でプリペイド無期限プリペイド年間サブスクリプションまたはハイブリッド請求モデルのいずれかを使用できます

前提条件ライセンス管理ポータルにログインして、Citrix SD-WAN Orchestrator サービスライセンスが割り当てられていないことを確認します。ライセンスが割り当てられている場合は、Citrix SD-WAN Orchestrator サービスのライセンスアクセスコードを使用する前に、ライセンスを解放/割り当て解除します。

  1. Citrix SD-WAN Orchestrator サービス UI で、[ 管理 ] > [ ライセンス ] に移動し、[ 請求モデルの選択] をクリックします。請求モデルを選択し、[ 送信] をクリックします。

    請求モデルの選択

  2. ライセンスを取得」をクリックします。

    ライセンスの取得

  3. + License Access Code」をクリックし、必要な数のアクセスコードを入力して資格を取得し、「 Submit」をクリックします。

    アクセスコードを追加する

    Citrix SD-WAN Orchestrator サービスは資格を取得し、ライセンステーブルに入力します。

    ライセンステーブル

  4. ライセンスは、新しいサイトが追加されたとき、または既存のサイトの帯域幅、プラットフォーム、またはソフトウェアエディションが変更されたときに自動的に割り当てられます。ライセンスは、新しいサイトが追加され、Citrix SD-WAN Orchestrator サービスに未使用のライセンスがある場合にのみ自動的に割り当てられます。ライセンスの自動割り当ては、ライセンスを取得する前に追加された既存のサイトでは機能しません。

  5. オプションで、各サイトに手動でライセンスを割り当てることができます。ライセンスを手動で割り当てるには、「 割り当て/割り当て解除 」をクリックし、「 すべて未ライセンス」を選択します。設定された帯域幅がライセンス帯域幅以下であるライセンスされていないサイトがすべて表示されます。

    ライセンスの割り当て

  6. サイトを選択して [ 割り当て] をクリックし、[ 実稼働環境にアップグレード] をクリックします。

    注:

    ライセンスを手動で割り当てる場合、一度に 1 つのサイトしか選択できません。

すべてのライセンスビューに 、ライセンスされたサイトのリストが表示されます。ライセンスの割り当てを解除し、プールに解放することができます。

すべてライセンス済み

サイトビューでは、設定された帯域幅とライセンス帯域幅に基づいてサイトが自動的にライセンスと照合されるため、ライセンスをすばやく割り当てることができます。

アプライアンスにライセンスを割り当てるには、アプライアンスに検証済みのシリアル番号が必要です。

サイトビュー

永久請求モデルをご利用のお客様は、 ライセンスビューテーブルの下に Citrix SD-WAN Orchestrator のサービス資格が表示されます。

ライセンスビュー

ライセンス使用状況の洞察

パートナーは、[ 管理 ] > [ ライセンス使用状況インサイト] のパートナーレベルで、すべての顧客のライセンス使用状況を確認できます。ライセンス使用状況のインサイトを表示する顧客と期間を選択します。

パートナーライセンス使用状況の洞察

個々のお客様は、ネットワークレベルの [ 管理 ] > [ ライセンス使用状況インサイト] でライセンス使用状況の詳細を確認できます。ライセンス使用状況のインサイトを表示する期間を選択します。

お客様のライセンス使用状況に関する洞察

ライセンスの有効期限

ライセンスの有効期限が切れると、30 日間の猶予期間が付与されます。パートナー/お客様は、この期間中にライセンスを更新する必要があります。猶予期間が終了すると、サイトに関連付けられている仮想パスは停止します。

ライセンスの有効期限が近づく前に、毎日すべての管理者に電子メール通知が送信されます。

前払いの年間ライセンスおよび永久ライセンス請求モデルをご利用のお客様で、本番環境にアップグレードした場合は、ライセンスの有効期限が切れる 90 日前にライセンス期限切れメール通知が送信されます。ライセンス有効期限通知には、ライセンスアクセスコード、影響を受けるサイトの詳細、有効期限、およびライセンスの有効期限までの残り日数に関する情報が含まれます。ライセンスが更新されてサイトに再割り当てされると、電子メール通知は停止されます。

前払いの年間ライセンスおよび永久ライセンス請求モデルをご利用のお客様で、本番環境にアップグレードした場合は、猶予ライセンスアプライアンスの有効期限が切れる 30 日前に猶予期限切れメール通知が送信されます。猶予期限通知には、サイト名、猶予期間の有効期限、および猶予期限の残り日数に関する情報が含まれます。ライセンスが更新されてサイトに再割り当てされると、電子メール通知は停止されます。

トライアルのお客様には、トライアル期間の満了の 30 日前にメール通知が送信されます。ライセンスが取得され、サイトに割り当てられ、本番環境にアップグレードされると、トライアルの有効期限の電子メール通知は停止されます。

ライセンス