Citrix SD-WAN Orchestrator

ECMP 負荷分散

ECMP 負荷分散

ECMP(等コストマルチパス)グループを使用すると、同じコスト、宛先、サービスで複数のパスをグループ化できます。接続またはセッション・データは、ECMPグループのタイプに応じて、ECMPグループ内のすべてのパスでロード・バランシングされます。たとえば、同じルートコストを持つブランチとデータセンターの間に 2 つの WAN リンクを持つネットワークがあるとします。従来、WAN リンクの 1 つはアクティブで、もう 1 つはフォールバックリンクとして機能している状態のままでした。ECMP グループを使用すると、これらの WAN リンクをグループ化して、両方の WAN リンクを通じてトラフィックの負荷分散を行うことができます。ECMP 負荷分散により、次のことが保証されます

  • 複数の等価コストパスへのトラフィックの分散
  • 利用可能な帯域幅の最適な使用。
  • ルートが到達不能になった場合、トラフィックを他の ECMP メンバーパスに動的に転送します。

ECMP 負荷分散は次のサービスでサポートされています。

  • 仮想パス
  • Citrix Secure Internet Access
  • Zscaler
  • IPsec
  • GRE

ネットワークには、最大 254 の ECMP グループを定義できます。ECMP グループ内の ECMP 適格ルートの最大数は、アプライアンスとライセンスタイプによって異なります。Citrix SD-WAN では、次の2種類のECMPグループがサポートされています。

  • 送信元/宛先 IP アドレス: 複数のクライアントが同じ宛先に接続しようとするネットワークでは、同じコストの WAN リンク間で接続の負荷分散が行われます。
  • セッション:単一のクライアントが宛先に接続され、 複数のセッションが生成されるネットワーク。セッションデータは、等コストの WAN リンク間で負荷分散されます。

ECMP グループを設定するには、ネットワークレベルで [ 構成] > [ルーティング] > [ECMP グループ] に移動します。ECMP グループの名前を入力し、必要に応じて [ Src/Dest IP アドレス ] または [ セッション ] としてタイプを選択します。

ECMP グループを追加

ECMP グループを次のサービスに関連付けることができます。

  • 仮想パス (サイトレベル)
  • Citrix Secure Internet Access
  • Zscaler
  • IPsec
  • GRE

イントラネットサービスで ECMP 構成を有効にするには、ネットワーク*レベルで、[ 構成] > [配信チャネル] > [帯域幅割り当て] > [イントラネット+ サービス ] に移動し、[ サービスの種類 ] として [ イントラネット] を選択します。イントラネットサービスの設定時に ECMP グループを選択します。

[ なし ] を選択しても、サービスの ECMP 構成は有効になりません。

イントラネットサービス用 ECMP グループ

仮想パスのECMP構成を有効にするには、サイトレベルで、[ 構成 ]>[ 詳細設定]>[デリバリーサービス]>[仮想パス]>[静的仮想パス]>[+ 仮想パス]に移動します。静的仮想パスを設定するときに ECMP グループを選択します。

[ なし ] を選択しても、サービスの ECMP 構成は有効になりません。

仮想パス用 ECMP グループ

ZscalerサービスでECMP構成を有効にするには、ネットワークレベルで [ 構成] > [サービスと帯域幅] に移動します。「 デリバリーサービス 」列の下にリストされている Zscaler の横にある「 設定 」アイコンをクリックします。認証して [ + Site] をクリックします。 サイトを追加するときに、「ECMPを有効にする 」チェックボックスを選択します。

注:

ZscalerサービスはセッションベースのECMP負荷分散のみをサポートします。

Zscaler サービスの ECMP グループ

Citrix Secure Internet AccessサービスのECMP構成を有効にするには、ネットワークレベルで[ 構成]>[サービスと帯域幅]に移動します。 **Secure Internet Accessサービスの横にある設定アイコンをクリックし** 、 + サイトをクリックします。サイトを選択したら、「 ECMPを有効にする 」チェックボックスを選択します。

注:

Citrix Secure Internet Accessサービスは、セッションベースのECMP負荷分散のみをサポートします。

Secure Internet Accessサービスのための ECMP グループ

LAN または WAN 側のサードパーティピアとの固定 IPsec トンネルで ECMP 構成を有効にするには、[ 構成] > [サービスと帯域幅] > [ イントラネット+ サービス ] に移動し、[ サービスタイプとしてIPsec] を選択します。「 ECMP を有効にする 」チェックボックスを選択し、「 ECMP タイプ」ドロップダウンリストからタイプを選択します

IPsec サービス用 ECMP グループ

ECMP 負荷分散

この記事の概要