Citrix SD-WAN Orchestrator

マルチキャストルーティング

マルチキャストルーティングにより、1 対多のトラフィックを効率的に配信できます。マルチキャスト送信元は、マルチキャストトラフィックを 1 つのストリームでマルチキャストグループに送信します。マルチキャストグループには、マルチキャスト通信に IGMP プロトコルを使用するホストや隣接ルータなどのレシーバが含まれます。Voice over IP、ビデオオンデマンド、IP テレビ、およびビデオ会議は、マルチキャストルーティングを使用する一般的なテクノロジの一部です。Citrix SD-WANアプライアンスでマルチキャストルーティングを有効にすると、アプライアンスはマルチキャストルーターとして機能します。

送信元固有のマルチキャスト

通常、マルチキャストプロトコルを使用すると、マルチキャストレシーバは任意の送信元からマルチキャストトラフィックを受信できます。

送信元固有マルチキャスト(SSM)を使用すると、レシーバがマルチキャストトラフィックを受信する送信元を指定できます。これにより、レシーバは、マルチキャストストリームを送信するすべてのソースに対してオープンリスナーではなく、特定のマルチキャストソースをリッスンすることを保証します。

SSM は、考えられるすべての送信元からのトラフィックの消費に使用されるリソースのコストを削減します。SSM は、受信側が既知の送信者からトラフィックを受信できるようにすることで、セキュリティ層も提供します。

次のトポロジは、ブランチサイトの 2 つのマルチキャストレシーバと、データセンターの 1 つのマルチキャストサーバ(172.9.9.2)を示しています。マルチキャストサーバは特定のグループ(232.1.1.1)でトラフィックをストリーミングし、レシーバはグループに参加します。マルチキャストグループでストリーミングされるトラフィックは、グループに加入したすべてのレシーバに中継されます。

SSM が機能するためには、マルチキャストグループ IP が 232.0.0.0/8 の範囲内にある必要があります。

マルチキャストトポロジ

  1. マルチキャストレシーバは、IP IGMP Join 要求を送信します。これは、レシーバがマルチキャストグループに加入し、送信元からマルチキャストストリームを受信することを示します。

IGMP Join には、マルチキャスト送信元とグループ(S, G)の 2 つの属性が含まれます。IGMP バージョン 3 は、マルチキャスト送信元および受信側の SSM に使用され、一部の include 特定の送信元アドレスをリレーします。

SSM を使用すると、レシーバは特定のマルチキャストサーバからストリームを明示的に受信できます。その送信元アドレスは、受信側から JOIN 要求の一部として明示的に提供されます。この例では、IGMP v3 Join 要求が、ソース 172.9.9.2 を含む明示的なインクルード送信元リストを使用してトリガーされ、グループ 232.1.1.1 経由でマルチキャストストリームを送信するアドレスになります。

  1. 支店のCitrix SD-WANは、これらの受信機からのすべてのIGMP要求をリッスンし、それをメンバーシップレポートに変換し、仮想パス経由でデータセンターのSD-WANアプライアンスに送信します。

  2. データセンターのCitrix SD-WANアプライアンスは、仮想パスを介してメンバーシップレポートを受信し、マルチキャストソースに転送し、制御チャネルを確立します。

  3. マルチキャスト送信元は、仮想パスを介してマルチキャストストリームをマルチキャストレシーバに送信します。

コントロールチャネルトラフィックとマルチキャストストリームは、ブランチとデータセンター間の確立された仮想パスを通過します。Citrix SD-WANオーバーレイパスにより、マルチキャストトラフィックがWANの劣化やリンクの停止を防ぐことができます。

マルチキャストの構成

マルチキャストを設定するには、送信元と宛先の両方で SD-WAN アプライアンスで次の操作を実行します。

  1. マルチキャストグループの作成:マルチキャストグループの名前と IP アドレスを指定します。マルチキャストグループ IP は、送信元固有のマルチキャストに対して 232.0.0.0/8 の範囲内にある必要があります。
  2. IGMPプロキシを有効にする — Citrix SD-WANアプライアンスをIGMPプロキシとして構成し、マルチキャストルーティング用のIGMP制御チャネル情報を伝送できます。IGMP V3 は、単一送信元マルチキャストに必要です。
  3. アップストリームおよびダウンストリームサービスの定義:アップストリームインターフェイスにより、IGMP PROXY は、トラフィックをストリームする実際のマルチキャストソースに近い SD-WAN アプライアンスに接続できます。ダウンストリームインターフェイスを使用すると、IGMP Proxy は、トラフィックをストリームする実際のマルチキャストソースから遠く離れたホストに接続できます。アップストリームとダウンストリームのサービスは、ソースのアプライアンスとデスティネーションのアプライアンスで異なります。

マルチキャストを構成するには、サイトレベルで、[ 構成] > [ 詳細設定] >[ マルチキャストグループ] に移動します。マルチキャストグループの名前と IP アドレスを指定して、マルチキャストグループを作成します。[IGMP プロキシ を有効にする] をクリックします

ブランチアプライアンスおよびデータセンターアプライアンスのアップストリームパスとダウンストリームパスを設定します。

マルチキャストレシーバ(ブランチ)に近いアプライアンスの場合、アプライアンスはローカルインターフェイスでマルチキャストトラフィックを受信し、仮想パスでトラフィックを送信します。

ブランチマルチキャスト

マルチキャストソース(データセンター)に近いアプライアンスの場合、アプライアンスは仮想パス上のマルチキャストトラフィックを受信し、ローカルインターフェイス上でレシーバに向けて送信します。

データセンターマルチキャスト

監視

IGMP 統計情報

マルチキャストレシーバがグループ加入要求を開始すると、アプライアンスの [ Monitoring ] > [ IGMP] でレシーバの詳細を確認できます。この情報は、発信元と宛先の両方のアプライアンスで確認できます。

次の図は、IGMP バージョン 3 の加入が開始され、特定の送信元アドレスを含めるためにフィルタタイプの INCLUDE が使用されていることを示しています。IGMP メンバーの統計情報も確認できます。

IGMP モニタリング

フロー統計情報

マルチキャスト制御チャネルが確立され、マルチキャストソースがストリーミングを開始すると、マルチキャストフロー統計情報を表示できます。マルチキャスト UDP トラフィックが仮想パスサービスで受信側からマルチキャストグループ 232.1.1.1 に送信されたことがわかります。

:

SSM が有効で、トラフィックが送信元送信者の予想リストに含まれていない別のサーバから受信された場合、SD-WAN アプライアンスはレポートデータを持ちません。

フロー統計情報

ファイアウォールの統計情報

ファイアウォールテーブルには、マルチキャストグループ IP アドレス経由で LAN インターフェイス経由で着信し、仮想パス経由で送信されるマルチキャストトラフィックが表示されます。

ファイアウォールの統計情報

マルチキャストグループの統計情報

マルチキャストグループテーブルには、送信元、宛先、および両方の集約で送受信されるパケットなど、マルチキャストトラフィックの詳細が表示されます。

マルチキャストグループの統計情報

マルチキャストルーティング