Citrix SD-WAN Orchestrator

ネットワークアドレス変換

SD-WAN アプライアンスのネットワークアドレス変換(NAT)は、ローカルブランチまたはデータセンターエンタープライズネットワーク内のプライベート IP アドレスを 1 つのパブリック IP アドレスに変換します。パブリック IP アドレスは、インターネットを介した通信に使用されます。

NAT の設定の詳細については、「 ネットワークアドレス変換」を参照してください

SD-WAN オーケストレータを使用してサイトの NAT を構成するには、サイトレベルから [ 構成] > [詳細設定] に移動し、[ NAT] タブを選択します。

NAT ナビゲーションの設定

次のタイプの NAT を設定できます。

  • ダイナミックソース NAT
  • 静的NAT
  • 宛先 NAT

ダイナミックソース NAT

ダイナミックソース NAT を使用すると、複数のホストの送信元 IP アドレスを、異なるポート番号を持つ同じパブリック IP アドレスに変換できます。ポート制限 NAT は、内部 IP アドレスとポートのペアに関連するすべての変換に同じ外部ポートを使用します。詳細については、「ダイナミック NAT の設定」を参照してください

ダイナミックソース NAT の詳細

静的NAT

スタティック NAT では、内部プライベートアドレスとパブリックアドレス間のパーマネント 1 ~ 1 のマッピングが行われます。このタイプの NAT は、メールサーバまたは Web サーバへのトラフィックを許可するために使用できます。詳細については、「スタティック NAT の設定」を参照してください

スタティックソース NAT の詳細

宛先 NAT

送信先 NAT は、SD-WAN アプライアンスがパブリック宛先アドレスをプライベートアドレスに変換するときに、着信パケットに対して実行されます。また、ポート転送も許可されます。

宛先 NAT の詳細

ネットワークアドレス変換