Citrix SD-WAN Orchestrator

仮想パス

仮想パスは、2 つの WAN リンク間の論理リンクです。これは、2つのSD-WANノード間で高いサービス・レベルの通信を提供するために結合されたWANパスの集合で構成されます。これは、変化するアプリケーション需要とWAN条件を常に測定し、適応させることによって行われます。SD-WANアプライアンスは、パスごとにネットワークを測定します。仮想パスは、静的(常に存在)または動的(2 つの SD-WAN アプライアンス間のトラフィックが設定されたしきい値に達したときにのみ存在)にすることができます。

静的仮想パス

仮想パスの設定は、グローバルな WAN リンク自動パス設定から継承されます。これらの構成を上書きし、メンバーパスを追加または削除できます。サイトおよび適用された QoS プロファイルに基づいて、仮想パスをフィルタリングすることもできます。WAN リンクの状態を判断するために ping を送信できる WAN リンクのトラッキング IP アドレスを指定します。逆方向パスの状態を特定するために ping を実行できるリバースパスのリバーストラッキング IP を指定することもできます。

静的仮想パスを構成するには、サイトレベルから、[ **構成] > [ **詳細設定] > [ **仮想パス ] >** [ 静的仮想パス] に移動します

静的仮想パス

アクティブなメンバー・パスは、「 アクティブなメンバー・パス 」セクションにリストされ、メンバー・パスの設定を表示または編集できます。

  • IP DSCP タギング:仮想パス制御プロトコル(VPCP)フレームの外部 IP ヘッダーのタグ。
  • Loss Sensitive:有効の場合、パスは損失により不良としてマークされ、パススコアに遅延ペナルティが発生します。パスをBADとしてマークするのに必要な時間における損失の割合を設定します。帯域幅の損失が許容できない場合は、このオプションを無効にします。
  • 損失率:設定された時間内にパケット損失が設定された割合を超えた場合、GOOD パス状態は BAD に変わります。
  • Over Time:この設定された時間内にパケット損失が設定された割合を超えた場合、パス状態は BAD としてマークされます。
  • 無音期間:指定された時間内にパケットが受信されなかった場合、パス状態は GOOD から BAD に移行します。
  • パス保護期間: パスの状態を BAD から GOOD に変更するまで待機する期間。
  • 不安定性に敏感な:BAD状態やレイテンシのその他のスパイクによるレイテンシペナルティが考慮されます。

    メンバーパス情報

選択したアクティブなメンバーパスの WAN リンクの詳細が一覧表示され、必要に応じて設定を変更できます。UDP ポート設定は、IPv4 と IPv6 の両方に対して構成できます。

  • UDP ポート: LAN から WAN および WAN から LAN へのパケット転送に使用されるポート。を指定することもできます。
  • 代替ポート: UDP ポートスイッチングが有効になっている場合に使用される代替 UDP ポート。
  • ポートスイッチインターバル:WANリンクがUDPポートを交換する間隔(分単位)。
  • トンネルヘッダーサイズ(バイト):トンネルヘッダーのサイズ(バイト単位)。
  • アクティブ MTU 検出:動的仮想パスの LAN から WAN へのパスが、MTU についてアクティブにプローブされます。
  • UDP 穴パンチを有効にする: MCN は、互換性のある NAT で保護されたクライアントサイト間の UDP 接続を支援します。

    WAN リンクのプロパティ

動的仮想パス

VoIP とビデオ会議の需要により、オフィス間のトラフィックが増加しています。データセンターを介したフルメッシュ接続の設定は、時間がかかり、非効率的です。Citrix SD-WAN では、動的仮想パス機能を使用して、必要に応じてオフィス間のパスを自動的に作成できます。セッションでは、最初に既存の固定パスが使用されます。帯域幅と時間のしきい値が満たされると、新しいパスが固定パスよりも優れたパフォーマンス特性を持つ場合は、新しいパスが動的に作成されます。セッショントラフィックは新しいパスを介して転送されるため、リソースを効率的に使用できます。動的仮想パスは、必要な場合にのみ存在し、データセンターとの間で送受信されるトラフィックの量を削減します。

動的仮想パスを構成するには、サイトレベルから、[ **構成] > [ **詳細設定] > [ **仮想パス ] >** [ 動的仮想パス] に移動します

グローバルWANリンク自動パス設定から継承された仮想パス設定を上書きするには、[グローバルデフォルトをオーバーライド]を選択します。[ ** 動的仮想パスを有効にする] を選択して、このサイトと中間ノードを介して接続されている他のサイト間の動的仮想パスを許可します。サイトの動的仮想パスの最大許容値を設定します。

動的仮想パス

UDP ポートと動的仮想パスのしきい値を設定します。ダイナミック仮想パスが LAN から WAN または WAN から LAN でトリガーされる中間サイトで、スループットしきい値(kbps またはパケット/秒)を指定します。

動的仮想パスのしきい値

仮想パス