Citrix SD-WAN Orchestrator

プロバイダのトラブルシューティング

プロバイダのトラブルシューティング

プロバイダー監査ログページには、プロバイダーレベルのログとデバイスログが表示されるため、迅速なトラブルシューティングが可能になります。

監査ログ

監査ログには、プロバイダーによって実行されたアクション、時間、およびアクションの結果が記録されます。 トラブルシューティング > 監査ログに移動してプロバイダーのトラブルシューティング:監査ログページを表示します

プロバイダー監査ログページには、次の情報が表示されます。

  • 検索バー:キーワードに基づいて監査アクティビティを検索します。
  • フィルタリングオプション:次の基準に基づいてフィルタリングして監査ログ検索を実行します。
    • ユーザー
    • 機能
    • 時間範囲
  • CSV としてエクスポート:このオプションをクリックすると、監査ログエントリが CSV ファイルにエクスポートされます。
  • 監査情報:「 アクション 」列のアイコンをクリックして、「 監査情報 」セクションに移動します。このセクションでは、次の内容について説明します:
    • メソッド:呼び出された API の HTTP リクエストメソッド。
    • ステータス:API リクエストの結果。
    • 応答:API リクエストが失敗したときのエラー応答。このフィールドは、API リクエストが失敗した場合にのみ表示されます。
    • ペイロード:API を介して送信されたリクエストの本文。
    • URL: 取り消された API の HTTP URL。
    • 送信元IP: SD-WAN機能が構成されているエンドポイントのIPアドレス。このフィールドは、 プロバイダーのトラブルシューティング:監査ログページと監査情報ページに表示されます**

    プロバイダー監査情報

  • ログペイロード:デフォルトでは、このオプションは無効になっています。有効にすると、API メッセージのリクエスト本文が Audit Info セクションに表示されます。API の詳細については、 Citrix SD-WAN Orchestrator の API ガイドを参照してください

    プロバイダー監査ログ

デバイスログ

プロバイダーは、顧客に固有のデバイスログを表示できます。サイト名でデバイスログをフィルタリングすることもできます。

必要に応じて、特定のデバイスログを選択してダウンロードし、顧客と共有することができます。

プロバイダのデバイスログ

プロバイダのトラブルシューティング

この記事の概要