Citrix SD-WAN Orchestrator

サイトのトラブルシューティング

デバイスログ

ログは、問題のトラブルシューティングに役立ちます。サイト管理者は、サイト内のすべてのデバイスでキャプチャされたすべてのログの一覧を表示できます。さらに検証するためにログをダウンロードすることもできます。

デバイスログ

テクニカルサポートバンドルの表示

Show Tech Support(STS; 技術サポート)バンドルには、アクセスログ、診断ログ、ファイアウォールログなどの重要なリアルタイムシステム情報が含まれています。STS バンドルは、SD-WAN アプライアンスの問題のトラブルシューティングに使用されます。STSバンドルの作成、ダウンロード、およびCitrixサポート担当者と共有できます。

サイトが HA 展開モードで構成されている場合は、STS ** バンドルを作成またはダウンロードするアクティブまたはスタンバイアプライアンスを選択できます。

サイトアプライアンスの新しい STS バンドルを作成するには、サイトレベルで [ トラブルシューティング]> [ STS バンドル ] に移動し、[ 新規作成] をクリックします

STS バンドル

STS バンドルの名前を指定します。名前は、英字で始まる必要があり、英字、数字、ダッシュ、およびアンダースコアを使用できます。名前の最大長は 32 文字です。ユーザーが指定した名前は、最終的な名前のプレフィックスとして使用されます。このサービスは、一意の名前(タイムスタンプ)を保証し、STS パッケージ(シリアル番号)からデバイスを認識できるように、フルネームを生成します。名前を指定しない場合、バンドルの作成中に名前が自動生成されます。

STS バンドルの作成

STS プロセスは次のいずれかの状態になります。

STS ステータス 説明
リクエストされた 新しい STS バンドルが要求されます。これには数分かかります。必要に応じて、STS 作成プロセスをキャンセルできます。
アップロード中 作成された STS パッケージがクラウドサービスにアップロードされます。期間はパッケージのサイズによって異なります。ステータスは 5 秒ごとに更新されます。STS アップロードプロセスはキャンセルできません。
失敗 作成中またはアップロード中に STS プロセスが失敗しました。失敗した STS 操作のエントリを削除できます。
ダウンロード可能 STS の作成およびアップロードプロセスは正常に完了しました。これで、STS パッケージをダウンロードまたは削除できます。

STS バンドルと障害レコードは 7 日間保持され、自動的に削除されます。

サイトのトラブルシューティング