展開モード

WCCPクラスタリング

WCCPクラスタリング

WCCPクラスタリング機能を使用すると、同じリンクに複数のSD-WANアプライアンスを割り当てることで、アクセラレーション容量を増やすことができます。最大32倍の容量で、最大32個の同一のアプライアンスをクラスター化できます。WCCP 2.0標準を使用しているため、WCCPクラスタリングは、ほとんどのルーターと一部のスマートスイッチで機能します。ほとんどの場合、既に使用しているものも含まれます。

分散型プロトコルを使用しているため、WCCPクラスタリングではSD-WANアプライアンスを自由に追加または削除できます。アプライアンスに障害が発生した場合、そのトラフィックは存続しているアプライアンスに再ルーティングされます。

SD-WAN 高可用性とは異なり、2 つのアプライアンスを使用して 1 つのアプライアンスのパフォーマンスを提供するアクティブ/パッシブペアです。WCCP クラスタとしてデプロイされた同じアプライアンスは、1 つのアプライアンスの 2 倍のパフォーマンスを発揮し、冗長性とパフォーマンスの向上を実現します。

サイトのニーズの増加に応じてアプライアンスを追加するだけでなく、Citrixの「Payas You Grow」機能を使用して、ライセンスのアップグレードを通じてアプライアンスの機能を向上させることができます。

WCCPクラスターの管理にはCitrix Command Center をお勧めします。次の図は、Citrix Command Centerを使用して管理されるWCCPモードのSD-WANアプライアンスのクラスターの基本的なネットワークを示しています。

図1:Citrix Command Centerを使用して管理されるSD-WANクラスター

ローカライズされた画像

負荷分散されたWCCPクラスター

WCCPプロトコルは、クラスターと呼ばれるフォールトトレラントで負荷分散されたアレイで最大32台のアプライアンスをサポートします。以下の例では、3つの同一のアプライアンス(同じモデル、同じソフトウェアバージョン)が同じようにケーブル接続され、IPアドレスを除いて同じように構成されています。同じルータで同じサービスグループを使用するアプライアンスは、負荷分散されたWCCPクラスタになることができます。新しいアプライアンスがルーターに登録されると、アプライアンスの既存のプールに参加して、トラフィックのシェアを受け取ることができます。アプライアンスがネットワークを離れると(ハートビート信号がないことで示されます)、クラスターは再調整され、残りのアプライアンスのみが使用されます。

図2:3つのアプライアンスを備えた負荷分散されたWCCPクラスター

ローカライズされた画像

クラスタ内の1つのアプライアンスが指定されたキャッシュとして選択され、クラスタ内のアプライアンスの負荷分散動作を制御します。指定されたキャッシュは、IPアドレスが最も小さいアプライアンスです。アプライアンスの構成は同じであるため、どちらが指定されたキャッシュであるかは関係ありません。現在の指定キャッシュがオフラインになると、別のアプライアンスが指定キャッシュになります。

指定されたキャッシュは、負荷分散されたトラフィックの割り当て方法を決定し、これらの決定をルーターに通知します。ルーターはクラスターのすべてのメンバーと情報を共有するため、指定されたキャッシュがオフラインになってもクラスターは動作できます。

注意: 通常の構成では、SD-WAN 4000/5000 アプライアンスは、ルータからは2つのWCCPキャッシュとして表示されます。

負荷分散アルゴリズム

WCCPの負荷分散は静的です。ただし、アプライアンスがクラスタに出入りする場合を除きます。これにより、クラスタは現在のメンバー間で再分散されます。

WCCP標準は、マスクまたはハッシュに基づく負荷分散をサポートします。たとえば、SD-WAN WCCPクラスタリングは、32ビットIPアドレスの1〜6ビットのマスクを使用して、マスク方式のみを使用します。これらのアドレスビットは連続していない可能性があります。マスクされたときに同じ結果をもたらすすべてのアドレスは、同じアプライアンスに送信されます。負荷分散の効果は、適切なマスク値の選択に依存します。マスクの選択が不十分な場合、すべてのトラフィックが単一のアプライアンスに送信され、負荷分散が不十分になるか、まったく発生しない可能性があります。

WCCPクラスタリング