展開モード

テストとトラブルシューティング

テストとトラブルシューティング

モニタリング > アプライアンス > アプリケーションのパフォーマンス > WCCP ページには、ローカルアプライアンスだけでなく、クラスタに参加している他のすべてのアプライアンスの現在の状態が表示されます。WCCPキャッシュを選択し、[ 情報を見る]をクリックします。

[キャッシュステータス]タブに は、ローカルアプライアンスのステータスが表示されます。すべてがうまくいっている場合, ステータスは「25: 割り当てを持っています。ステータスの変化を監視するには、ページを手動で更新する必要があります。アプライアンスがタイムアウト期間内に「25: 割り当てあり」のステータスに達しない場合、その他の情報ステータスメッセージが表示されます。

[ サービスグループ]または[ルーター] タブをクリックすると、追加情報が表示されます。

[クラスターの概要]タブに は、WCCPクラスター全体に関する情報が表示されます。WCCPプロトコルの副作用として、クラスターの各メンバーは他のすべての情報を持っているため、この情報はクラスター内の任意のアプライアンスから監視できます。

ルーターはステータス情報を提供することもできます。ルーターのドキュメントを参照してください。

テストとトラブルシューティング

この記事の概要