展開モード

制限事項

制限事項

WCCPクラスターでのアプライアンスの構成には、次の制限があります。

  • クラスタ内のすべてのアプライアンスは同じモデルであり、同じソフトウェアリリースを使用する必要があります。
  • クラスター内のアプライアンス間のパラメーター同期は自動ではありません。Command Centerを使用して、アプライアンスをグループとして管理します。
  • SD-WANトラフィックシェーピングは、リンク全体を1つの単位として制御することに依存しており、どのアプライアンスもこれを実行できる位置にないため、効果的ではありません。代わりにルーターQoSを使用できます。
  • WCCPベースの負荷分散アルゴリズムは負荷によって動的に変化しないため、良好な負荷分散を実現するには、ある程度の調整が必要になる場合があります。
  • キャッシュ割り当てのハッシュ方式はサポートされていません。マスク割り当てはサポートされている方法です。
  • WCCP標準では1〜7ビットのマスク長が許可されていますが、アプライアンスは1〜6ビットのマスクをサポートしています。
  • マルチキャストサービスグループはサポートされていません。ユニキャストサービスグループのみがサポートされています。
  • 同じサービスグループペアを使用するすべてのルーターは、同じ転送方法(GREまたはL2)をサポートする必要があります。
  • ルータとネゴシエートされた転送およびリターン方式は一致する必要があります。両方がGREであるか、両方がL2である必要があります。一部のルータは両方向で L2 をサポートしていないため、「ルータのフォワードまたはリターン、または割り当て機能が不一致というエラーになります。」この場合、サービスグループはGREとして設定する必要があります。
  • SD-WAN VPXは、WCCPクラスタリングをサポートしていません。
  • アプライアンスは、重み付けされていない(等しい)キャッシュ割り当てのみをサポート(およびネゴシエート)します。加重割り当てはサポートされていません。
  • SD-WAN 700などの一部の古いアプライアンスは、WCCPクラスタリングをサポートしていません。
  • (SD-WAN 4000/5000 のみ)L2モードでは、インターフェイスごとに2つのアクセラレータインスタンスが必要です。アプライアンスごとに3つのインターフェイスがサポートされます(その後、6つ以上のアクセラレータインスタンスを備えたアプライアンスでのみサポートされます)。
  • (SD-WAN 4000/5000 のみ)ルータからのWCCP制御パケットは、サービスグループ用にアプライアンスで設定されたルータIPアドレスの1つと一致する必要があります。実際には、ルーターをアプライアンスに接続するインターフェイスのルーターのIPアドレスを使用する必要があります。ルータのループバックIPは使用できません。

デプロイメントワークシートとクラスターの制限

次のワークシートで、インストールに必要なアプライアンスの数と推奨されるマスクフィールドサイズを計算できます。推奨されるマスクサイズは、インストールの最小マスクサイズよりも1〜2ビット大きくなります。

パラメーター メモ
使用したアプライアンスモデル   いいえ
アプライアンスごとにサポートされるXenAppおよびXenDesktopユーザー Uspec = データシートから
WANリンク上のXenAppおよびXenDesktopユーザー Uwan = いいえ
ユーザー過負荷係数 Uoverload = Uwan/Uspec = いいえ
アプライアンスごとにサポートされるBW BWspec = データシートから
WANリンクBW BWwan = いいえ
BW過負荷係数 BWoverload = BWwan/BWspec = いいえ
必要なアプライアンスの数 N = max(Uoverload, BWoverload) +1 = スペアが1つ含まれています
    いいえ
バケットの最小数 ロ短調 = N、2の累乗を切り上げ = いいえ
SD-WAN 4000または5000の場合、 ロ短調 = 2N、2の累乗に切り上げ = いいえ
推奨値 B = 4 \Bmin Bminの場合 < = 16、その他2 \Bmin = いいえ
アドレスマスクの「1」ビットの数 M = log2(B) 場合 B=16, M=4.

マスク値:マスク値は、前に提供したワークシートの M に等しい「1」ビット数の「1」ビットを持つ 32 ビットアドレスマスクです。多くの場合、これらのビットは、リモートサイトで使用されるWANサブネットマスクの最下位ビットである可能性があります。リモートサイトのマスクが異なる場合は、中央値マスクを使用してください。(例:あり /24 サブネットの場合、サブネットの最下位ビットは0x00 00 nn00です。1に設定するビット数はlog2(マスクサイズ)です。マスクサイズが16の場合、4ビットを1に設定します。したがって、マスクサイズが16で、 /24 サブネットの場合、マスク値を0x00 00 0f 00に設定します。)

上記のガイドラインは、選択したサブネットフィールドがトラフィックに均等に分散されている場合、つまり、マスクによって選択された各アドレスビットがリモートホストの半分に対して1であり、残りの半分に対して0である場合にのみ機能します。そうしないと、負荷分散が損なわれます。この均等な分布は、ネットワークフィールドの数ビット(2ビットのみ)にのみ当てはまる可能性があります。ネットワークでそうであれば、サブネットフィールドの問題のある領域のビットをマスクする代わりに、それらのビットをホストアドレスフィールドの 50/50 プロパティ。たとえば、サブネットビットが3つしかない場合 /24 サブネットには 50/50 プロパティであり、4つのマスクビットを使用している場合、0x00 00 07 10のマスクは、0x00 00 0800の問題のあるビットを回避し、それを0x00 00 00 10に置き換えます。これは、アドレスフィールドの一部である可能性があります。 50/50 リモートサブネットが通常、それぞれ少なくとも32個のIPアドレスを使用する場合はプロパティ。

パラメーター メモ
Final Mask Value   いいえ
Accelerated Bridge   通常apA
WAN Service Group   ルーターでまだ使用されていないサービスグループ(51-255)
LAN Service Group   別の未使用のサービスグループ
Router IP address   アプライアンスに面しているポートのルーターインターフェイスのIPアドレス
WCCP Protocol(通常は「自動」)   いいえ
DC Algorithm   アプライアンスが2つしかない場合、またはHSRPやGSLBなどの動的負荷分散を使用している場合は、「決定論的」を使用します。それ以外の場合は、「最低破壊的」を使用します。

WCCPクラスターでのアプライアンスの構成には、次の制限があります。

  • クラスタ内のすべてのアプライアンスは同じモデルであり、同じソフトウェアリリースを使用する必要があります。
  • クラスター内のアプライアンス間のパラメーター同期は自動ではありません。Command Centerを使用して、アプライアンスをグループとして管理します。
  • SD-WANトラフィックシェーピングは、リンク全体を1つの単位として制御することに依存しており、どのアプライアンスもこれを実行できる位置にないため、効果的ではありません。代わりにルーターQoSを使用できます。
  • WCCPベースの負荷分散アルゴリズムは負荷によって動的に変化しないため、良好な負荷分散を実現するには、ある程度の調整が必要になる場合があります。
  • キャッシュ割り当てのハッシュ方式はサポートされていません。マスク割り当てはサポートされている方法です。
  • WCCP標準では1〜7ビットのマスク長が許可されていますが、アプライアンスは1〜6ビットのマスクをサポートしています。
  • マルチキャストサービスグループはサポートされていません。ユニキャストサービスグループのみがサポートされています。
  • 同じサービスグループペアを使用するすべてのルーターは、同じ転送方法(GREまたはL2)をサポートする必要があります。
  • ルータとネゴシエートされた転送およびリターン方式は一致する必要があります。両方がGREであるか、両方がL2である必要があります。一部のルータは両方向で L2 をサポートしていないため、「ルータのフォワードまたはリターン、または割り当て機能が不一致というエラーになります。」この場合、サービスグループはGREとして設定する必要があります。
  • SD-WAN VPXは、WCCPクラスタリングをサポートしていません。
  • アプライアンスは、重み付けされていない(等しい)キャッシュ割り当てのみをサポート(およびネゴシエート)します。加重割り当てはサポートされていません。
  • SD-WAN 700などの一部の古いアプライアンスは、WCCPクラスタリングをサポートしていません。
  • (SD-WAN WANOP 4000/5000 のみ)L2モードでは、インターフェイスごとに2つのアクセラレータインスタンスが必要です。アプライアンスごとにサポートされるインターフェイスは3つまでです(その後、6つ以上のアクセラレータインスタンスを備えたアプライアンスでサポートされます)。
  • (SD-WAN 4000/5000 のみ)ルータからのWCCP制御パケットは、サービスグループ用にアプライアンスで設定されたルータIPアドレスの1つと一致する必要があります。実際には、ルーターをアプライアンスに接続するインターフェイスのルーターのIPアドレスを使用する必要があります。ルータのループバックIPは使用できません。
制限事項