展開モード

展開トポロジ表示

展開トポロジ表示

ネットワークトポロジに応じて、WCCPクラスタを単一のルータまたは複数のルータのいずれかで展開できます。単一のルーターに接続する場合でも、複数のルーターに接続する場合でも、クラスター内の各アプライアンスは、使用中のすべてのルーターに同じように接続する必要があります。

単一ルーターの展開

次の図では、3 つの SD-WAN アプライアンスがデータセンターの 200 Mbps WAN を加速しています。このサイトは750人のXenAppユーザーをサポートしています。

ローカライズされた画像

SD-WANデータシートに示すように、SD-WAN 3000-100 は 100 Mbps および 400 ユーザをサポートできます。したがって、これらのアプライアンスのペアは 200 Mbps および 800 ユーザをサポートし、200 Mbps リンクおよび 750 というデータセンターの要件を満たします。ユーザー。

ただし、フォールトトレランスのために、1つのアプライアンスに障害が発生しても、WCCPクラスターは過負荷になることなく動作し続ける必要があります。これは、計算で2つ必要な場合に、3つのアプライアンスを使用することで実現できます。これは、 N+1 ルール。

障害は異常なイベントであるため、通常、3つのアプライアンスすべてが動作しています。この場合、各アプライアンスは67 Mbpsと250ユーザーのみをサポートし、十分なヘッドルームを残し、クラスターのCPUパワーが1つのアプライアンスの3倍、圧縮履歴が3倍であるという事実をうまく利用しています。

WCCP クラスタリングを使用しない場合、多くの容量とフォールトトレランスを実現するには、高可用性モードで SD-WAN 4000-500 アプライアンスのペアが必要になります。これらのアプライアンスの1つだけが一度にアクティブになります。

複数のルーターの展開

複数のWANルーターを使用することは、単一のWANルーターを使用することに似ています。前の例を変更して、1つの200Mbpsリンクではなく2つの100Mbpsリンクを含めると、トポロジは変更されますが、計算は変更されません。

ローカライズされた画像

展開トポロジ表示