展開モード

ルーターを構成する

アプライアンスは、WCCP-GREまたはWCCP-L2を自動的にネゴシエートします。主な選択肢は、 ユニキャスト操作 (アプライアンスが各ルーターのIPアドレスで構成されている)または マルチキャスト操作 (アプライアンスとルーターの両方がマルチキャストアドレスで構成されている)のいずれかです。

標準(ユニキャスト)動作:通常の動作では、ルータ全体の WCCP バージョン 2 と WCCP グループ ID を宣言し、各 WAN インターフェイスでリダイレクションを有効にします。次に、Cisco IOSの例を示します。

``` pre codeblock config term ip wccp version 2 ! We will configure the appliance to use group 51 for TCP and 52 for UDP. ip wccp 51 ip wccp 52

! Repeat the following three lines for each WAN interface ! you wish to accelerate: interface your_wan_interface ! If Reverse Path Forwarding is enabled (with an ip verify unicast ! source reachable” statement), delete or comment out the statement: ! ip verify unicast source reachable-via any ! Repeat on all ports.

ip wccp 51 redirect out ip wccp 51 redirect in ip wccp 52 redirect out ip wccp 52 redirect in

! If the appliance is inline with one of the router interfaces ! (NOT SUPPORTED), add the following line for that interface ! to prevent loops: ip wccp redirect exclude in ^Z


複数のルーターが同じアプライアンスを使用する場合、それぞれが上記のように構成され、同じサービスグループまたは異なるサービスグループを使用します。

**マルチキャスト操作:**アプライアンスと各ルーターにマルチキャストアドレスを与える場合、構成は通常の操作とは少し異なります。次に、Cisco IOSの例を示します。

``` pre codeblock
config term
ip wccp version 2
ip wccp 51 group-address 225.0.0.1

! Repeat the following three lines for each WAN interface
! you wish to accelerate:
interface your_wan_interface
! If Reverse Path Forwarding is enabled (with an ip verify unicast
! source reachable” statement), delete or comment out the statement:
! ip verify unicast source reachable-via any

ip wccp 51 redirect out
ip wccp 51 redirect in
!
! The following line is needed only on the interface facing the other router,
! if there is another router participating in this service group.
ip wccp 51 group-listen

!If the appliance is inline with one of the router interfaces,
!(which is supported but not recommended), add
!the following line for that interface to prevent loops:
ip wccp redirect exclude in
^Z
<!--NeedCopy-->
ルーターを構成する