展開モード

WCCPサービスグループ構成の詳細

WCCPサービスグループ構成の詳細

サービスグループでは、WCCP ルータと SD-WAN アプライアンス(WCCP 用語では「WCCP キャッシュ」)が通信アトリビュート(機能)をネゴシエートします。ルータは、「ISeeYou」メッセージでその機能をアドバタイズします。通信属性は次のとおりです。

  • 転送方法:GREまたはレベル2
  • パケットリターン方式(マルチキャストのみ):GREまたはレベル2
  • 割り当て方法:ハッシュまたはマスク
  • パスワード(デフォルトはnone)

アプライアンスは、その属性とルーターの属性の間に非互換性を検出すると、アラートをトリガーします。サービスグループの特定の属性(GREやレベル2など)が原因で、アプライアンスに互換性がない可能性があります。ごくまれに、マルチキャストサービスグループでは、「自動」選択が特定のルーターが接続されている特定の属性を選択したときにアラートがトリガーされることがありますが、その属性は後続のルーターと互換性がありません。

以下は、SD-WANアプライアンス内の通信属性の基本的なルールです。

ルーター転送の場合:

  • 「自動」が選択されている場合、ルーターとアプライアンスの両方でより効率的であるため、レベル2が優先されます。レベル2は、ルーターがそれをサポートし、ルーターがアプライアンスと同じサブネット上にある場合にネゴシエートされます。
  • 「自動」が選択されている場合、ユニキャストサービスグループ内のルーターはさまざまな方法をネゴシエートできます。
  • マルチキャストサービスグループ内のルーターは、「GRE」または「レベル2」で強制されるか、「自動」で強制されるかにかかわらず、接続するサービスグループ内の最初のルーターによって決定されるすべての同じ方法を使用する必要があります。
  • 互換性がない場合、アラートはルーターに「互換性のないルーター転送がある」ことを通知します。

ルーター割り当ての場合:

  • デフォルトはハッシュです。

  • 「自動」を選択すると、モードはルーターとネゴシエートされます。

  • サービスグループ内のすべてのルーターは、同じ割り当て方法(ハッシュまたはマスク)をサポートする必要があります。

  • どのサービスグループでも、この属性が「自動」として構成されている場合、アプライアンスは最初のルーターが接続されたときに「ハッシュ」または「マスク」を選択します。「ハッシュ」は、ルーターがサポートしている場合に選択されます。それ以外の場合は、「マスク」が選択されます。後続のルーターが自動的に選択された方法と互換性がないという問題は、サービスグループ内のすべてのルーターに共通の方法を手動で選択することで最小限に抑えることができます。

  • 互換性がない場合、アラートはルーターに「互換性のないルーター割り当て方法がある」ことを通知します。

  • どちらの方法でも、サービスグループ内の単一のアプライアンスは、サービスグループ内のすべてのルーターにすべてのTCPまたはUDPパケットをアプライアンスに送信するように指示します。ルーターは、アクセスリストを使用するか、サービスグループにリダイレクトするインターフェイスを選択することにより、この動作を変更できます。

    マスク方式の場合、アプライアンスは「送信元IPアドレス」マスクをネゴシエートします。アプライアンスには、送信元または宛先のいずれかの「宛先IPアドレス」またはポートを選択するメカニズムはありません。「送信元IPアドレス」マスクは、特定のIPアドレスまたは範囲を具体的に識別しません。このプロトコルは、特定のIPアドレスを指定する手段を提供していません。デフォルトでは、サービスグループにはアプライアンスが1つしかないため、ルーターのリソースを節約するために1ビットのマスクが使用されます。(リリース6.0はより大きなマスクを使用しました。)

パスワードの場合:

  • ルータにパスワードが必要な場合は、アプライアンスで定義されているパスワードが一致している必要があります。ルータがパスワードを必要としない場合、アプライアンスのパスワードフィールドは空白である必要があります。
WCCPサービスグループ構成の詳細

この記事の概要