Citrix SD-WAN プラットフォーム

10G SFP+ トランシーバの取り付けと取り外し

10G SFP+ トランシーバの取り付けと取り外し

警告

ケーブルを装着した状態でトランシーバーを取り付けないでください。これを行うと、ケーブル、コネクタ、またはトランシーバーの光インターフェイスが損傷する可能性があります。

SD-WAN 4100/5100 アプライアンスの中には、SFP+ トランシーバを必要としないものがあります。

10 ギガビット小型フォームファクタプラグ (SFP+) は、最大 10 ギガビット/秒の速度で動作できるコンパクトな光トランシーバです。自動ネゴシエーションは、10G SFP+ トランシーバを挿入する 10G SFP+ ポートでデフォルトで有効になっています。ポートとネットワーク間のリンクが確立されると、ケーブルの両端でモードが一致し、10G SFP+ トランシーバの場合、速度も自動ネゴシエーションされます。

10G SFP+ トランシーバをアプライアンスの前面パネルの 10G SFP+ ポートに挿入します。トランシーバーの取り付けと取り外しを頻繁に行うと、トランシーバーの寿命が短くなります。トランシーバーまたはアプライアンスの損傷を防ぐため、注意深く取り外し手順に従ってください。

重要

SD-WAN 4100/5100 アプライアンスは、Citrix システムズ以外のベンダーが提供する 10G SFP+ トランシーバをサポートしていません。サードパーティ製 10G SFP+ トランシーバを SD-WAN 4100/5100 アプライアンスにインストールしようとすると、保証が無効になります。

10G SFP+ トランシーバを取り付けるには

  1. 10G SFP+ トランシーバをボックスから慎重に取り外します。
  2. 10G SFP+ トランシーバをアプライアンスの前面パネルの 10G SFP+ トランシーバポートの前面に合わせます。
  3. 10G SFP+ トランシーバを親指と人差し指の間に持ち、10G SFP+ トランシーバポートに挿入し、トランシーバが所定の位置にスナップする音がするまで押し込みます。
  4. ロックヒンジを下の位置に移動します。
  5. LEDが緑色で2回点滅するのを確認します。これは、トランシーバーが正常に機能していることを示します。
  6. ケーブルを挿入できる状態になるまでは、トランシーバーおよびケーブルに取り付けられている埃除けキャップを外さないでください。

警告

光ファイバーのトランシーバーおよびケーブルを直接のぞき込まないでください。レーザービームが放射されて目が傷つくおそれがあります。

10G SFP+ トランシーバを取り外すには

  1. 10G SFP+ トランシーバからケーブルを取り外します。取り外す前にケーブルに埃除けキャップを取り付けてください。
  2. 10G SFP+ トランシーバをロック解除するには、ロックヒンジを UP の位置に移動します。
  3. 10G SFP+ トランシーバを親指と人差し指の間に持ち、ゆっくりとポートから引き出します。
  4. 取り外す前にトランシーバーに埃除けキャップを取り付けてください。
  5. 10G SFP+ トランシーバを元のボックスまたは別の適切な容器に入れます。
10G SFP+ トランシーバの取り付けと取り外し