Citrix SD-WAN プラットフォーム

Citrix SD-WAN 2100 PE(EE)アプライアンス

Citrix SD-WAN 2100 PE(EE)アプライアンスは、1Uアプライアンスです。このアプライアンスには、2.1 GHz と 32 GB のメモリを持つ 8 コアプロセッサが搭載されています。

フロントパネル

SD-WAN 2100 PE(EE)アプライアンスのフロントパネルには、次のポートがあります。

  • RS232 シリアルコンソールポート。

  • ライトアウト管理 (LOM) ポートと呼ばれる銅線イーサネット (RJ45) ポート。このポートは、仮想 WAN の初期プロビジョニングに使用できます。このポートを使用して、アプライアンスのソフトウェアとは無関係にアプライアンスをリモートで監視および管理できます。

  • 2つのUSBポート。

  • 4 つの 1000Base-TX 銅線イーサネットポート(フェールツーワイヤ)。

  • 4つの 1GE SFP ポート。

Citrix SD-WAN 2100 PE(EE)背面パネル

背面パネル

2100 PE(EE)アプライアンスの背面パネルには、次のコンポーネントが表示されます。

  • アプライアンスのソフトウェアとユーザーデータを格納する 240 GB および 480 GB リムーバブルソリッドステートドライブ
  • 電源スイッチ。アプライアンスへの電源をオンまたはオフに切り替えます。スイッチを 5 秒間押して、電源を切ります。
  • 単一電源、定格450ワット、100~240ボルト。各電源装置には、次に説明するように、そのステータスを示す LED があります。2 台目の電源装置は、追加のアクセサリ(オプションのフィールド交換可能ユニット(FRU)として利用できます。

2100 PE には 2 つのディスクがあり、ドライブ Bay1 は 240 GB SSD (ブートディスク)、ドライブ Bay2 は 480 GB SSD を保持します。古いブートディスクを新しい 240 GB SSD ブートディスクに置き換える場合は、Bay1 で新しい 240 GB SSD を接続し、480 GB SSD を差し込む前に 240 GB と 480 GB SSD の両方を取り外す必要があります。これは、BIOS がブート順序シーケンスを通常の状態に更新し、240 GB SSD (ブートディスク) から起動するために必要です。

重要

PE 機能を使用するには、2100 PE アプライアンスに SD-WAN リリース 10.0 が必要で、PE ライセンスをインストールします。

Citrix SD-WAN 2100 PE(EE)アプライアンス