Citrix SD-WAN プラットフォーム

Citrix SD-WAN 5100 PE

SD-WAN 5100 PE は、2U アプライアンスです。各モデルには、合計 20 個の物理コア (ハイパースレッディング付き 40 コア) と 128 GB (GB) のメモリ用の 2 つの 10 コアプロセッサが搭載されています。最新のパフォーマンスと帯域幅容量の詳細については、より定期的に更新される最新のデータシートを参照してください。citrix.com; データシート

SD-WAN 5100 PE アプライアンスのフロントパネルには、次のポートがあります。

  • 10/100Base-T 銅線イーサネットポート (RJ45)。ライトアウト管理 (LOM) ポートとも呼ばれます。このポートを使用して、アプライアンスのソフトウェアとは無関係にアプライアンスをリモートで監視および管理できます。
  • RS232 シリアルコンソールポート。
  • 2 つの 10/100/1000Base-T 銅線イーサネット管理ポート(RJ45)。これらのポートは、システム管理機能のためにアプライアンスに直接接続するために使用されます。
  • 8個の10Gポート-バイパス付きLCファイバポート×4、SFP+ポート(バイパスなし)4個。
  • 2 つの USB ポート (将来のリリース用に予約)

SD-WAN 5100 PE アプライアンスの背面パネルには、次のコンポーネントが表示されます。

  • 2 X 1 TB リムーバブルハードディスクドライブ。
  • 960 GB 以上の SSD が必要です。SSD を 3 番目、4 番目、5 番目のドライブベイに挿入します。
  • 起動ドライブベイ1、2 [HDD] -ハードドライブ、容量 1 TB、2.5 インチ、SATA 6 Gb/秒。
  • ドライブベイ 3、4、5[SSD]– ソリッドステートドライブ、960 GB。
  • ドライブベイ[プラスチックフィラー] 6,7,8-2.5インチ SSD プラスチックドライブトレイフィラー。
  • 電源スイッチ。電源装置を取り外すかのように、アプライアンスへの電源を切ります。スイッチを 5 秒間押して、電源を切ります。
  • PSアラームボタンを無効にします。このボタンは、アプライアンスに電源装置が 2 つある場合にのみ機能します。このボタンを押して、アプライアンスを1つの電源コンセントにのみ差し込んだ場合、または 1 つの電源装置が故障して修理されるまでアプライアンスを操作し続ける場合に、電源アラームが鳴るのをミュートします。
  • ホットスワップ対応デュアル冗長電源(100~240VAC 標準、-48VDC オプション)

5100 アプライアンスに使用される電源は、1000 W ごとに 2 つの電源装置です。

Standard Edition から Premium Edition へのアップグレードでは、ベイ3、4、5 に搭載された SSD の 3 つである 960G SSD が使用されます。

ローカライズされた画像

5100 SE アプライアンスを 5100 PE アプライアンスにアップグレードする

ソリッドステートドライブ (SSD) を挿入する

  1. 標準エディションアプライアンスに必要な SSD を挿入します。SSD を挿入する方法については、 ソリッドステートドライブ (フィールド交換可能ユニット) を参照してください。
    1. 5100 SE アプライアンスには、960 GB 以上の SSD が必要です。SSD を 3 番目、4 番目、5 番目のドライブベイに挿入します。 ローカライズされた画像
  2. SD-WAN Web 管理インターフェイスを使用してアプライアンスを再起動します。
  3. アプライアンスにインストールされているソフトウェアリリースバージョンが SD-WAN リリースバージョン 10.0 であることを確認します。ここに記載されている手順に従います。 新しいアプライアンスのアップグレード
  4. Premium (Enterprise) Editionプラットフォームライセンスをインストールします。ライセンス情報については、Citrix SD-WAN 製品のダウンロードサイトを参照してください。
  5. シングルステップアップグレードを使用してネットワークをソフトウェアリリースバージョン 10.0 以降にアップグレードします。
Citrix SD-WAN 5100 PE