Citrix SD-WAN プラットフォーム

Citrix SD-WAN 210 Standard Editionアプライアンス

Citrix SD-WAN 210-SEアプライアンスは、小規模なブランチオフィスで使用するための1Uアプライアンスです。このアプライアンスには、4 GB のメモリと 64 GB のストレージを備えた 2 コアプロセッサが搭載されています。

Citrixコンプライアンス規制モデルは次のとおりです。

  • SD-WAN 210-SE(非LTE)-NS-SDW-210
  • SD-WAN 210-SE LTE-NS-SDW-210-LTE-R1、NS-SDW-210-LTE-R2、NS-SDW-210-LTE-RC

詳細については、Citrix SD-WAN プラットフォームデータシートを参照してください。

  • Citrix SD-WAN 210-SE および Citrix SD-WAN 210-SE LTE は、SD-WAN Orchestrator が管理するネットワーク内のみ MCN として構成できます。
  • 新しいユーザーインターフェイスを使用して、Citrix SD-WAN 210-SEアプライアンスを構成できます。詳しくは、「SD-WANアプライアンスのユーザー・インターフェース」を参照してください。Citrix SD-WAN 210-SEをMCNとしてプロビジョニングすると、レガシーユーザーインターフェイスにリダイレクトされます。

次の図に、210 SE アプライアンスのフロントパネルを示します。

210 フロントパネル

LED 説明
イーサネット銅線ポート LED アクティブ/リンク:
  スピード1000: オレンジ
  スピード100:
  スピード 10: オフ
SIMカードスロット ミニ(2FF)サイズのSIMスロット×2。Micro(3FF)およびNano(4FF)サイズのSIMを使用するには、アダプターを使用してください。小さいSIMをアダプタにスナップします。アダプタをFRUとして注文します。
  : いつでも、アクティブな SIM は 1 つだけです。アプライアンスの電源を入れ、SIMカードを挿入します。
LEDをバイパスする ノーマルモード:
  バイパスモード: オレンジ
イーサネットファイバポート アクティブ/リンク:
  スピード:1000: オレンジ
電源LED 電源オン:
  電源オフ: オフ

210バックパネル

210 SE アプライアンスの背面パネルには、次のコンポーネントが表示されます。

インターフェイス ポートラベル 種類 説明
1/1および1/2 バイパス/FTW 配線不可能
  1/3  トラフィック ネットワークトラフィック
  経営陣 RJ-45  銅線イーサネット(RJ45)管理ポート。管理ポートは、システム管理機能のためにアプライアンスに直接接続するために使用されます。このポートは、仮想 WAN の初期プロビジョニングに使用できます。
1/4および1/5 SFP とイーサネット(組み合わせポート) 上下にそれぞれSFPとイーサネットの組み合わせとして使用します。
3 USB USBポート
4 コンソール RS-232シリアル RS232 シリアルコンソールポート。
リセットする リセットボタン 詳細については、Citrixテクニカルサポートにお問い合わせください。
パワー 電源ボタン 電源ボタンを押して、アプライアンスの電源をオンまたはオフにします。スイッチを 5 秒間押して、電源を切ります。
電源装置 直流電源 電源アダプタ1つ。電力定格:40 W、電圧:12 V、電流:3.33 A.

注:

Citrix SD-WAN 11.2.2リリース以降、ファーウェイドングルE8372は、SD-WAN 210アプライアンスでサポートされています。

Citrix SD-WAN 210-SE LTE

210 SE LTE アプライアンスは、1U アプライアンスです。このアプライアンスには、4 GB のメモリと 64 GB のストレージを備えた 2 コアプロセッサが搭載されています。

次の図は、210 SE LTE アプライアンスの前面パネルを示しています。

図3. アンテナ付きの210 SE (LTE) フロントパネル

210 LTEフロントパネル

LED 説明
イーサネット銅線ポート LED アクティブ/リンク:
  スピード:1000 オレンジ
  スピード100:
  スピード 10: オフ
LEDをバイパスする ノーマルモード:
  バイパスモード: オレンジ
イーサネットファイバポート アクティブ/リンク:
  スピード:1000: オレンジ**
システムLED とデータの LED システム:電源オン:
  システム:電源オフ:オフ
  データアクセスストレージ:青

図4. アンテナ付きの210 SE (LTE) バックパネル

210LTEバックパネル

210 SE LTE アプライアンスの背面パネルには、次のコンポーネントが表示されます。

インターフェイス ポートラベル 種類 説明
1/1および1/2 バイパス/FTW FTWポート
  1/3  トラフィック トラフィックポート
  管理 RJ-45  銅線イーサネット(RJ45)管理ポート。管理ポートは、システム管理機能のためにアプライアンスに直接接続するために使用されます。このポートは、仮想 WAN の初期プロビジョニングに使用できます。
2 1/4および1/5 SFP とイーサネット(組み合わせポート) 上下にそれぞれSFPとイーサネットの組み合わせとして使用します。
USB USBポート
コンソール RS-232シリアル RS232 シリアル・コンソール・ポート
リセットする リセットボタン 詳細については、Citrixテクニカルサポートにお問い合わせください。
パワー 電源ボタン 電源ボタンを押して、アプライアンスの電源をオンまたはオフにします。スイッチを 5 秒間押して、電源を切ります。
7 電源装置 直流電源 電源アダプタ1つ。電力定格:40 W、電圧:12 V、電流:3.33 A.
アンテナコネクタ オスコネクタ アンテナ用コネクタ
2つのアンテナ LTEアンテナ アプライアンスに同梱されているアンテナ。

LTE アンテナの取り付け

Citrix SD-WAN 210 SE LTEアプライアンスをLTEモデムとして使用するには、アプライアンスにアンテナを取り付けます。アンテナは、アプライアンスパッケージに含まれています。210 SE LTE アプライアンスには、アプライアンスの前面と背面に 2 つの SMA 同軸オスコネクタがあります。アンテナは、独立した回転SMAメスコネクタを備えています。

LTE セルラー接続を向上させるため、両方の LTE アンテナが取り付けられていることを確認します。

アプライアンスにアンテナを取り付けるには:

  1. アンテナ SMA 同軸コネクタ(F)をアプライアンスの SMA 同軸コネクタ(M)に置き、コネクタが締まるまでアンテナコネクタを時計回りに回します。

    推奨トルクは1.8~2.5ポンドの力インチです。

    LTEアンテナを接続する

  2. アンテナの方向と方向を調整します。

    アンテナを調整する

  3. 同様に、もう一方のアンテナをアプライアンスの背面の SMA 同軸コネクタ(M)に接続します。

GUI および CLI を使用した LTE 機能の設定の詳細については、210 SE LTE アプライアンスでの LTE 機能の構成を参照してください。

miric-E1T1 FE/GBE SFPに対するCitrix SD-WAN 210プラットフォームのサポート

210 アプライアンスでは、SFP ポート 1/5 および 1/6 に対して、次の 2 種類の miriC SFP がサポートされています。

  1. MiRiC-E1T1 FE SFPs.
  2. MiRiC-E1T1 GBE SFPs.

miric-E1T1 FE SFP は、速度を 100 Mbps、デュプレックスを全二重に設定する必要があります。miric-E1T1 GBE SFP は、速度を 1 Gbps、デュプレックスを全二重に設定する必要があります。

構成するには、SD-WAN アプライアンスの GUI に移動し、 [構成] > [ネットワークアダプタ] > [イーサネット] ページに移動します

SFPイーサネットページ

miriC SFP ウェブサービスにアクセスする

  1. SFP トランシーバのデフォルトの管理 IP アドレスは 192.168.205.1 です。このアドレスを使用して、SFP Web サービスで関連する設定(T1 や E1 など)を設定できます。IP アドレスは 192.168.205.1 以外に変更できます。ただし、IP アドレスの競合は避けてください。
  2. 管理への SFP アクセスを有効にするには、次の手順を実行します。
    • ssh admin@(IPアドレス)経由でアプライアンスのCLIにログインします
    • 実行:sfp_access
    • 1/5 でアクセスを有効にするには、次のコマンドのいずれかを実行します。
      • enable 1/5 # GBEトランシーバのために動作しすでに設定されている場合のみ.
      • enable 1/5 100 # -FEトランシーバでのみ動作します
      • enable 1/5 1000 # -GBEトランシーバでのみ動作します
      • 1/5 100 172.217.43.2 #-FE トランシーバの場合、172.217.43.0/24 でユーザがデフォルトの IP を IP に変更すると仮定します
    • 有効 1/5 1000 172.217.43.2 #-GBE トランシーバの場合、ユーザがデフォルトの IP を 172.217.43.0/24 の IP に変更したと想定しています。

      注:

      1/5 で管理アクセスを有効にすると、1/6 の管理アクセスは自動的に無効になり、逆に無効になります。

    • 管理へのアクセスを無効にする手順は、次のとおりです。

      • SSH 管理者@(IPアドレス)経由でアプライアンスのCLIにログインします
      • 実行:sfp_access
      • 実行:無効にする
    • ステータスを表示する手順は、次のとおりです。

      • SSH 管理者@(IPアドレス)経由でアプライアンスのCLIにログインします
      • 実行:sfp_access
      • 実行:ステータス
    • 設定が完了したら、管理アクセスを無効にしてください。
    • アプライアンスが再起動されると、管理アクセスは自動的に無効になります。
    • 仮想サービスが再起動されると、管理アクセスは、有効または無効の操作が完了するまで構成されたままになります。
    • アプライアンスを無効にすると、SFPへの管理アクセスは失われます。
    • アプライアンスが再び有効になると、管理アクセスは回復されます。
  3. SFP トランシーバの E1 または T1 タイプを設定するには、次の手順を実行します。

    • クライアントマシンは、アプライアンス管理サブネットと同じ IP サブネットに存在する必要があります。
    • クライアントマシンには、アプライアンス管理 IP をゲートウェイとする SFP トランシーバ IP アドレス 192.168.205.0/24 のサブネットへのルートが必要です。
    • ブラウザを開き、 SFP トランシーバの管理
    • デフォルトのユーザー名:su
    • デフォルトのパスワード:1234
    • インターフェイスタイプ(E1 または T1)を設定するには、 [設定] > [物理ポート ] に移動し、ドロップダウンメニューから [ E1] または [T1 ] を選択し、[ 保存 ] ボタンをクリックします。
Citrix SD-WAN 210 Standard Editionアプライアンス