Citrix SD-WAN プラットフォーム

Citrix SD-WAN 210 Standard Editionアプライアンス

Citrix SD-WAN 210-SEアプライアンスは、小規模な支店で使用するための1Uアプライアンスです。このアプライアンスには、4 GB のメモリと 64 GB のストレージを備えた 2 コアプロセッサが搭載されています。

Citrixコンプライアンス規制モデルは次のとおりです。

  • SD-WAN 210-SE(非LTE)-NS-SDW-210
  • SD-WAN 210-SE LTE-NS-SDW-210-LTE-R1、NS-SDW-210-LTE-R2、NS-SDW-210-LTE-RC

詳細については、Citrix SD-WAN プラットフォームデータシートを参照してください。

次の図は、210 SE アプライアンスの前面パネルを示しています。

また、Citrix SD-WAN 210-SEアプライアンスをMCNとして構成することもできます。

210 フロントパネル

LED 説明
イーサネット銅線ポート LED アクティブ/リンク:
  スピード1000: オレンジ
  スピード100: グリーン
  スピード 10: オフ
SIMカードスロット 2つのミニ(2FF)サイズのSIMスロット。Micro(3FF)およびNano(4FF)サイズのSIMを使用するには、アダプターを使用してください。小さい方のSIMをアダプタにスナップします。アダプタをFRUとして注文します。
  : アクティブな SIM は 1 つだけです。アプライアンスの電源を入れ、SIMカードを挿入します。
バイパスLED ノーマルモード:
  バイパスモード: オレンジ
イーサネットファイバポート アクティブ/リンク:
  速度:1000: オレンジ
電源LED 電源オン:
  電源オフ: オフ

210背面パネル。

210 SE アプライアンスの背面パネルには、次のコンポーネントが表示されます。

インターフェイス ポートラベル 種類 説明
1/1および1/2 バイパス (FTW) フェール・ツー・ワイヤー
  1/3  トラフィック ネットワークトラフィック
  管理 RJ-45  銅線イーサネット(RJ45)管理ポート。管理ポートは、システム管理機能のためにアプライアンスに直接接続するために使用されます。このポートは、仮想 WAN の初期Provisioning に使用できます。
1/4および1/5 SFP およびイーサネット(ポートの組み合わせ) 上部と下部にそれぞれSFPとイーサネット1の組み合わせとして使用します.
3 USB USBポート
4 コンソール RS-232シリアル RS232 シリアルコンソールポート。
リセット [リセット] ボタン 詳細については、Citrix テクニカルサポートにお問い合わせください。
パワー 電源ボタン 電源ボタンを使用して、アプライアンスの電源をオンまたはオフにします。スイッチを5秒間押して、電源を切ります。
電源装置 DC電源装置 電源アダプタ1個。定格電力:40 W、電圧:12 V、電流:3.33 A.

Citrix SD-WAN 210-SE LTE

210 SE LTE アプライアンスは 1U アプライアンスです。このアプライアンスには、4 GB のメモリと 64 GB のストレージを備えた 2 コアプロセッサが搭載されています。

また、Citrix SD-WAN 210-SE LTEアプライアンスをMCNとして構成することもできます。

次の図に、210 SE LTE アプライアンスの前面パネルを示します。

図3. アンテナ付き210 SE (LTE) フロントパネル

210 LTEフロントパネル

LED 説明
イーサネット銅線ポート LED アクティブ/リンク:
  スピード:1000 オレンジ
  スピード100: グリーン
  スピード 10: オフ
バイパスLED ノーマルモード:
  バイパスモード: オレンジ
イーサネットファイバポート アクティブ/リンク:
  速度:1000: オレンジ**
システム LED とデータ LED システム:電源オン: グリーン
  システム:電源オフ:オフ
  データアクセスストレージ:ブルー

図4. アンテナ付き210 SE (LTE) 背面パネル

210 LTEバックパネル

210 SE LTE アプライアンスの背面パネルには、次のコンポーネントが表示されます。

インターフェイス ポートラベル 種類 説明
1/1および1/2 バイパス (FTW) FTW ポート
  1/3  トラフィック トラフィックポート
  管理 RJ-45  銅線イーサネット(RJ45)管理ポート。管理ポートは、システム管理機能のためにアプライアンスに直接接続するために使用されます。このポートは、仮想 WAN の初期Provisioning に使用できます。
2 1/4および1/5 SFP およびイーサネット(ポートの組み合わせ) 上部と下部にそれぞれSFPとイーサネット1の組み合わせとして使用します.
USB USBポート
コンソール RS-232 serial RS232 シリアルコンソールポート
リセット [リセット] ボタン 詳細については、Citrix テクニカルサポートにお問い合わせください。
パワー 電源ボタン 電源ボタンを使用して、アプライアンスの電源をオンまたはオフにします。スイッチを5秒間押して、電源を切ります。
7 電源装置 DC電源装置 電源アダプタ1個。定格電力:40 W、電圧:12 V、電流:3.33 A.
アンテナコネクタ オスコネクタ アンテナ用コネクタ
2 つのアンテナ LTEアンテナ アプライアンスに同梱されたアンテナ。

LTE アンテナの取り付け

Citrix SD-WAN 210 SE LTEアプライアンスをLTEモデムとして使用するには、アンテナをアプライアンスにインストールします。アンテナは、アプライアンスパッケージに含まれています。210 SE LTE アプライアンスには、アプライアンスの前面と背面に 2 つの SMA 同軸オスコネクタがあります。アンテナには、独立した回転SMAメスコネクタがあります。

LTE セルラー接続を改善するために、両方の LTE アンテナが取り付けられていることを確認します。

アプライアンスにアンテナを取り付けるには:

  1. アンテナ SMA 同軸コネクタ(F)をアプライアンスの SMA 同軸コネクタ(M)に置き、アンテナコネクタを時計回りに回して、コネクタが締まるまで回します。

    推奨トルクは1.8~2.5ポンドの力インチです。

    LTEアンテナを接続する

  2. アンテナの向きと方向を調整します。

    アンテナの調整

  3. 同様に、もう一方のアンテナをアプライアンスの背面SMA同軸コネクタ(M)に接続します。

GUI および CLI を使用した LTE 機能の設定の詳細については、210 SE LTE アプライアンスでの LTE 機能の構成を参照してください。

Citrix SD-WAN 210 Standard Editionアプライアンス