Citrix SD-WAN プラットフォーム

Citrix SD-WAN 400および410Standard Editionアプライアンス

Citrix SD-WAN 400 SEと410 SEは、小規模なブランチオフィスで使用するための1Uアプライアンスです。SD-WAN 410 SE シリーズは、仮想 WAN 機能を備えた次世代のSD-WAN Standard Editionアプライアンスです。

  • SD-WAN 400シリーズ:小規模のブランチオフィスに適した小型で手頃な価格の1Uアプライアンス。SD-WAN 400 SE シリーズには、2 つの高速ブリッジがあり、最大 50 Mbps の WAN 速度をサポートします。
  • SD-WAN 410シリーズ:小規模ブランチオフィスに適した小型で手頃な価格の1Uアプライアンス。SD-WAN 410 SE シリーズは、最大 150 Mbps の WAN 速度をサポートします。

400-SE プラットフォームはハイパーバイザーベースで、410-SE はベアメタルアプライアンスです。

特定のシリーズでは、すべてのモデルが同じハードウェアを使用し、異なるライセンスオプションを使用して異なるWAN速度定格を取得できます。たとえば、SD-WAN 410 SE モデル(410-20、410-50、410 ~ 100、および 410 ~ 150)は同じハードウェアを使用し、アプライアンスは 20 Mbps、50 Mbps、100 Mbps、または 150 Mbps のアプライアンスのいずれかとしてライセンスを取得できます。

ライセンスされた帯域幅は送信方向にのみ適用されるため、送信方向で 20 Mbps の定格の SD-WAN 410 SE-20 は、16 Mbps/8 Mbps ダウンロード/アップロード帯域幅の仮想パス(固定/ダイナミック)に適しています。

WAN帯域幅機能の違いに加えて、CPUパワー、インストールされているRAM、およびインストールされているディスク容量が異なるシリーズもあります。

すべてのモデルは、スピードと信頼性を向上させるため、従来のハードドライブの代わりにソリッドステートドライブを使用しています。

SD-WAN 400-SEと410-SEのCitrix コンプライアンス規制モデルは次のとおりです。

  • SD-WAN 400-SE: CB 504-2
  • SD-WAN 410-SE: 512-2

詳細については、Citrix 製品プラットフォームデータシートを参照してください。

Citrix SD-WAN 400および410Standard Editionアプライアンス