Citrix SD-WAN プラットフォーム

Citrix ADC SDXアプライアンスにCitrix SD-WAN VPXインスタンスをデプロイする

Citrix SD-WAN テクノロジは、ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)の概念をWAN接続に適用します。このテクノロジーは、ネットワークハードウェアからトラフィック管理とモニタリングを抽象化し、個々のアプリケーションに適用します。その結果、パフォーマンスが向上し、地理的に分散した場所での高品質なユーザーエクスペリエンス、広域ネットワークとクラウドアクセスネットワークの導入が簡素化されます。詳しくは、「Citrix SD-WAN」を参照してください。

リリース12.1 49.xxから、Citrix ADC SDX 14XXXおよびSDX 115XXアプライアンスにCitrix SD-WAN VPXインスタンスを展開できます。詳しくは、次のドキュメントを参照してください。

SD-WAN VPX Standard Editionのみがサポートされます。詳しくは、「SD-WAN VPXエディション」を参照してください。

SDXアプライアンスへのCitrix SD-WAN VPXインスタンスの展開には、次のタスクが含まれます。

前提条件

次のライセンスがあることを確認してください。

  • Citrix SD-WAN VPXライセンス
  • Citrix ADC SDXプラットフォームライセンス

Citrix SD-WAN VPXの要件

SDXプラットフォーム上のCitrix SD-WAN VPXは、サイトとMCNの両方として機能できます。MCN は、1 Gb/秒の双方向スループットと64サイトを処理できます。

MCN およびサイトでサポートされるスループット

  • 250 MB/秒~1 Gb/秒の双方向スループット
  • MCN は 64 サイトをサポート

サポートされるスループットのハードウェア要件

サイト

  • 4 CPU から 16 CPU
  • 4 GB から 16 GB RAM
  • 60 GB ~ 250 GB のディスクストレージ
  • 最低 4 つの NIC: 1 つは管理用、残りは 3 つはデータパス用

マスターコントロールノード(MCN)

  • 4,8、16 CPU
  • 16ギガバイトのRAM
  • 250 GB ディスクストレージ
  • 最低 4 つの NIC: 1 つは管理用、残りの 3 つはデータパス用、データパス専用の NIC

データセンタートポロジ

Citrix SD-WAN VPXアプライアンスは、ポリシーベースルート(PBR)モードまたはインラインモードでCitrix ADC SDXに展開できます。これら 2 つのサポートされているモードのトポロジについては、シナリオ 1 および 2 を参照してください。詳しくは、「PBR モードでの SD-WAN の展開(仮想インラインモード)」を参照してください。

シナリオ1. データセンタートポロジ:PBR モードまたは仮想インラインモード

ローカライズされた画像

シナリオ2. ブランチトポロジ:インラインモード

ローカライズされた画像

Citrix ADC SDXでのCitrix SD-WAN VPXインスタンスのプロビジョニング

Citrix SD-WAN VPXアプライアンスをプロビジョニングする前に、 ダウンロード Citrix製品サイトからSD-WAN VPXイメージをダウンロードします。

Citrix SD-WAN VPXアプライアンスをプロビジョニングするには、次の手順に従います。

  1. Citrix ADC SDXアプライアンスにログオンします。
  2. [ 構成] > [SD-WAN] > [インスタンス]に移動します。
  3. ソフトウェアイメージ > SD-WAN XVA ファイルをアップロードしてアップロードを選択します

    ローカライズされた画像

  4. [インスタンス] > [追加] を選択します。[SD-WAN インスタンスのプロビジョニング] ページが表示されます。

  5. [SD-WAN インスタンスのプロビジョニング] ページで、次のように入力します。
    • 名前
    • IPアドレス
    • ネットマスク
    • ゲートウェイアドレス
    • XVAファイルをアップロードする
    • [ リソースの割り当て] で、リソースを割り当てます。 ローカライズされた画像
    • ネットワーク設定」で、管理インターフェースをプロビジョニングし、 「OK」 を選択して作成し、SDXアプライアンスにSD-WAN VPXインスタンスをプロビジョニングします。 ローカライズされた画像

    SDX管理サービスは、インタフェース名の昇順でVPXインスタンスにインタフェースをバインドします。たとえば、1/4、および 1/1 を追加すると、管理サービスはそれらを 1/1、1/4 として配置します。新しいインターフェイスを追加すると、既存のシーケンスが保持され、新しいシーケンスが作成されます。たとえば、インターフェイス 1/2、10/1、1/3 を追加します。新しいシーケンスは、1/1、1/4; 1/2、1/3、10/1 になります。

  6. 「インスタンス」 ページの下に、SD-WAN VPXインスタンスが表示されます。ここに例があります。

    ローカライズされた画像

インスタンスを編集するには、[ 設定] > [SD-WAN] > [インスタンス]に移動します。インスタンスを選択してクリックします。編集が完了したら、「OK」 をクリックして変更を保存します。

Citrix SD-WAN VPXインスタンスの構成

SDX アプライアンスで SD-WAN インスタンスを作成したら、次の 2 つのタスクを実行して SD-WAN インスタンスを設定します。

  1. MCN アプライアンスとサイトアプライアンスの両方に設定を適用します。

  2. 仮想パスを設定し、トラフィックを送信します。

詳しくは、次のトピックを参照してください:

関連情報

Citrix SD-WAN アプライアンスの使用を開始する方法については、「Citrix SD-WAN」を参照してください。

Citrix ADC SDXアプライアンスの詳細については、Citrix ADC SDXを参照してください。

Citrix ADC SDXアプライアンスにCitrix SD-WAN VPXインスタンスをデプロイする