Citrix SD-WAN プラットフォーム

Citrix SD-WAN VPX Standard Edition

Citrix SD-WAN VPX Standard Edition

Citrix SD-WAN スタンダードエディションは、Citrix XenServer、VMware ESX または ESXi、Microsoft Hyper-V、および Amazon AWS 仮想化プラットフォーム上でホストできる仮想Citrix SD-WANアプライアンスです。SD-WAN VPXアプライアンスは、物理スタンダードエディションまたはWANOPアプライアンスのほとんどの機能をサポートしています。

SD-WAN SE Edition VPXは仮想マシンであるため、必要な場所にハードウェアを選択したり、サーバ、VPNユニット、その他のアプライアンス(サーバ、VPNユニット、その他のアプライアンス)と組み合わせて、ニーズにぴったり合ったユニットを作成できます。

SD-WANスタンダードエディションVPXソフトウェアは次のバージョンで提供されています。

  • XenServer 6.5 SP1で実行されているXen仮想マシンです。
  • ESX/ESXi 5.5、6.0、および 6.5 で実行される VMware vSphere 仮想マシン。

新しくインストールされたSD-WAN SE VPX仮想マシンが起動して実行されている場合は、物理SD-WAN SEアプライアンスの構成と同様に、同じ構成画面を使用して構成します。

WANOP VPXと物理SD-WAN WANOPアプライアンスの違い

SD-WAN WANOP VPX 仮想アプライアンスは、SD-WAN リピータ 8500 シリーズ・アプライアンスと似ています。これには、 SD-WAN プラグインのサポートと最大 45 Mbps のリンクが含まれます。主な違いは次のとおりです。

  • Amazon EC2 インスタンスを除き、リモートライセンスサーバーを介したライセンスは、小売ライセンスでは必須です。ローカルライセンスは、評価ライセンスやVPX Expressライセンスなど、小売以外のライセンスで利用できます。Amazon EC2 インスタンスの場合は、Citrix ライセンスを使用するか、必要な帯域幅制限(2、10、20 Mbps、45 Mbps)の組み込みライセンスを使用する製品を選択できます。
  • SD-WAN VPX は、リモートライセンスサーバーから SD-WAN プラグインライセンスを取得します(Amazon Web Services 用の SD-WAN VPX は例外で、プラグインをサポートしていません)。複数の仮想アプライアンスに接続するプラグインは、すべての仮想アプライアンスが同じライセンスサーバーを使用している限り、アプライアンスごとに 1 つのライセンスではなく、1 つのプラグインライセンスのみを使用します。
  • SD-WAN LCDフロントパネルディスプレイはサポートされていません。
  • RS-232 シリアルコマンドインターフェイスはサポートされていません
  • 複数のアクセラレーションブリッジはサポートされていません。
  • イーサネットバイパスカードはサポートされていません。
  • グループモードはサポートされていません。
  • SD-WAN 高可用性モードはサポートされていません。(XenServerの高可用性とvSphereの高可用性がサポートされています)。
  • 1 つのポートのみをサポートするAmazon Web Services インスタンスを除き、3 つのポート(APA.1、APA.2、プライマリ)がサポートされています。

SD-WAN VPX-SE のインストールと配置の手順については、次を参照してください。

Citrix SD-WAN VPX Standard Edition