Citrix SD-WAN プラットフォーム

XenServerへのSD-WAN仮想アプライアンスのインストール

Citrix XenServerにNetScaler SD-WAN仮想アプライアンスをインストールするには、まず十分なシステムリソースを持つマシンにXenServerをインストールする必要があります。SD-WAN VPXのインストールを実行するには、Citrix XenCenterを使用します。XenCenterは、ネットワーク経由でXenServerホストに接続できるリモートマシンにインストールする必要があります。

仮想アプライアンスのインストールを開始する前に、次の操作を行います。

  • 最小要件を満たすハードウェアに、サポートされているバージョンのXenServer® をインストールします。サポートされているXenServerのバージョンについては、SD-WANリリースノートを参照してください。
  • 最小システム要件を満たす管理用のワークステーションにXenCenter®をインストールします。
  • VPXライセンスファイルを入手します。

前提条件が満たされたら、仮想アプライアンスをインポートして構成する準備が整いました。

XenCenterを使用してSD-WAN仮想アプライアンスをXenServerにインポートするには

  1. ワークステーションで XenCenter を起動します。
  2. [サーバー] メニューの [追加] を選択します。
  3. 新しいサーバーの追加 ]ダイアログボックスの[ ホスト名 ]ボックスに、接続先のXenServerサーバーのIPアドレスまたはDNS名を入力します。
  4. [ユーザー名] および [パスワード] ボックスに、管理者の資格情報を入力し、[ 接続] をクリックします。ナビゲーションペインに、緑の丸印の付いたXenServer名が表示されます。これは、XenServerに接続済みであることを示します。
  5. ナビゲーションペインで、SD-WAN VPXをインストールするXenServerサーバーの名前をクリックします。
  6. [VM]メニューの[Import]を選択します。
  7. [ インポート ] ダイアログボックスの [インポートファイル] で、SD-WAN VPX.xVA イメージファイルを保存した場所を参照します。[エクスポートされた仮想マシン] オプションが選択されていることを確認し、[ 次へ] をクリックします。
  8. 仮想アプライアンスをインストールするXenServerサーバーを選択し 、[ 次へ]をクリックします。
  9. 仮想アプライアンスを保存するローカルストレージリポジトリを選択して[Import]をクリックし、インポート処理を開始します。
  10. 必要に応じて、仮想ネットワークインターフェイスを追加、変更、または削除します。仮想ネットワークインターフェイス、インターフェイス 0、インターフェイス 1 を 2 つの異なる仮想アダプタ (この画面では Networks) に接続します。これら 2 つのインターフェイスは、仮想アプライアンスのアクセラレーションブリッジとして使用されます。仮想ネットワークインターフェイス 2 が存在する場合は、それを割り当てて、管理インターフェイス(プライマリポートに相当)として使用できます。完了したら[Next]をクリックします。
  11. インポート後に仮想マシンを起動する ]チェックボックスをオフにします。
  12. [ 完了 ] をクリックして、インポート処理を完了します。インポート処理の状態を参照するには、[Log]タブをクリックします。XenCenterインターフェイスのサーバーリストの下に、新しく作成された仮想マシンが表示されます。

重要

両方の仮想アダプタを同じネットワークに接続しないでください。これにより、転送ループが作成され、ネットワークの停止を引き起こす可能性があります。また、SD-WAN VPX に関連付けられている 2 つの物理イーサネットポートを、同じイーサネットスイッチに接続しないでください。

仮想 SD-WAN アプライアンスを設定するには

  1. XenCenterで、SD-WAN VPX仮想マシンのアイコンを選択します。次に、[ ストレージ ] タブで [ プロパティ ] を選択し、[ プロパティ ] ダイアログボックスで、ディスク割り当てを目的のレベルに調整します。

    :

    • SD-WAN VPX仮想マシンのディスク割り当てを変更すると、圧縮履歴のサイズが変更され、再初期化されます。蓄積された履歴はすべて失われます。
    • SD-WAN VPXの実行中は、リソース割り当てを変更しないでください。
    • [ 強制シャットダウン] または [強制再起動 ] コマンドは使用しないでください。彼らは動作しない可能性があり、問題を引き起こす可能性があります。代わりに、[ シャットダウン] および [再起動 ] コマンドを使用します。
  2. [ SD-WAN VPX ] アイコンを右クリックし、[プロパティ] オプションを選択します。[CPU とメモリ] で、サポートされている構成に対応する vCPU の数と VM メモリの量を選択します。
  3. [ SD-WAN VPX のプロパティ ] ダイアログボックスで、[ スタートアップオプション] をクリックし、[ サーバー起動時に自動起動 ] チェックボックスをオンにします。(OS起動パラメータは使用されません)。
  4. 基本的なネットワークパラメータを設定します。実行しているリリースに応じて、次のいずれかの操作を行います。
    1. 仮想マシンが起動したら、仮想マシンコンソールに移動し、コマンドラインインタープリタにログインし、次の例を参考にアクセラレーションブリッジの IP パラメータを設定します。

      pre codeblock Login: admin Password: password admin> set adapter apa -ip 172.16.0.213 -netmask 255.255.255.0 -gateway 172.16.0.1 admin> restart

    2. SD-WAN VPX仮想マシンを初めて起動すると、展開ウィザードが自動的に実行されます。ウィザードに従って、IP パラメータを設定します。

  5. SD-WAN VPX が再起動したら、Apa に割り当てた IP アドレスでブラウザベースの UI(デフォルトの資格情報:管理者およびパスワード)にログオンします。
  6. [ コマンド ] メニューから、[ クイックインストール] を選択します。
  7. [クイックインストール] ページで、物理 SD-WAN アプライアンスの場合と同様に、クイックインストールを実行します。
  8. 構成を完了します。

メモ

  • 10.2.6 および 11.0.3 リリース以降では、SD-WAN アプライアンスのプロビジョニング時または新しい SD-WAN SE VPX の導入時に、デフォルトの管理者ユーザーアカウントパスワードを変更することが必須です。この変更は、CLI と UI の両方を使用して適用されます。

  • システムメンテナンスアカウント(CBVWSSH)は、開発およびデバッグ用に存在し、外部ログイン権限はありません。このアカウントには、通常の管理ユーザーの CLI セッションからのみアクセスできます。

XenServerへのSD-WAN仮想アプライアンスのインストール