Citrix SD-WAN プラットフォーム

前提条件

前提条件

このセクションでは、Citrix SD-WAN仮想アプライアンス(SD-WAN VPX-SE)のハードウェア要件とソフトウェアの要件の概要を説明し、プラットフォームの依存関係を定義します。

メモ

  • 10.2.6 および 11.0.3 リリース以降では、SD-WAN アプライアンスのプロビジョニング時または新しい SD-WAN SE VPX の導入時に、デフォルトの管理者ユーザーアカウントパスワードを変更することが必須です。この変更は、CLI と UI の両方を使用して適用されます。

  • システムメンテナンスアカウント(CBVWSSH)は、開発およびデバッグ用に存在し、外部ログイン権限はありません。このアカウントには、通常の管理ユーザーの CLI セッションからのみアクセスできます。

10.2.6 リリースでは、デフォルトのパスワードは SD-WAN アプライアンスのシリアル番号であり、初回ログオン時に変更する必要があります。LOM アクセスも無効になります。

ハードウェア要件

ホスティングプラットフォームの SD-WAN VPX-SE ハードウェア要件は次のとおりです。

  • 仮想 CPU: 4 コア、2.7 GHz (または同等) プロセッサ以上。
  • メモリ:4 GB RAM
  • 管理インターフェイス:1 (デフォルト)

ディスクスペースの要件

仮想パス数 MCN/RCN ブランチ
128未満 120 GB 40 GB (デフォルト)
128 以上です 240ギガバイト 120 GB

ソフトウェア要件

ここでは、SD-WAN VPX-SE のソフトウェア要件と、SD-WAN VPX-SE ソフトウェアの取得およびダウンロードに関する基本情報について説明します。

オペレーティングシステムの要件

SD-WAN VPX-SE 仮想アプライアンスは、次のサーバプラットフォームをサポートします。

  • XenServerハイパーバイザー6.5 SP1
  • VMware ハイパーバイザー ESXi サーバ(バージョン 5.5.0以降)
  • Microsoft Azure
  • AWS
  • Linux-KVM

ブラウザの要件

ブラウザーでCookieを有効にし、JavaScriptをインストールして有効にする必要があります。

SD-WAN VPX-SE 管理 Web インターフェイスは、次のブラウザをサポートしています。

  • Google Chrome 49.0.2623112 m+
  • Mozilla Firefox 43.0.4+
  • Microsoft Internet Explorer 11.0.9600.18163+

インストールファイルのダウンロード

インストールを開始する前に、SD-WAN VPX-SE をホストする ESXi サーバへの接続に使用するローカル PC に SD-WAN VPX-SE OVF テンプレート(.ova ファイル)をダウンロードまたはコピーする必要があります。

SD-WAN VPX-VW では、リモートライセンスがサポートされます。SD-WAN ソフトウェアのライセンス取得とダウンロードの詳細については、ライセンスおよびSD-WAN ソフトウェアパッケージの取得を参照してください。

SD-WAN VPX-SE インストールファイルをダウンロードするには、次の URL にアクセスしてください。

http://www.citrix.com/downloads.html

ソフトウェアのダウンロード手順は、このサイトに記載されています。

次のように、適切なファイルをダウンロードします。

  • XenServerにSD-WAN VPX-SEをインストールするには、cb-vw-vpx-<version> .xva

  • VMware ESXi サーバに SD-WAN VPX-SE をインストールするには、cb-vw-vpx-<version> _vmware.ova というファイルをダウンロードします。<version> は現在の SD-WAN SE バージョン番号です。

次のセクションでは、SD-WAN VPX-SE 仮想アプライアンスのインストールおよび設定手順の概要を示します。

インタフェース仕様

SD-WAN VPX-SE インターフェイスの仕様は次のとおりです。

  • SD-WAN VPX-SE は、最大 5 つのインターフェイスをサポートします。
  • 最初のインターフェイスは、仮想アプライアンスの管理 IP アドレスとして使用するために予約されています。
  • SD-WAN VPX-SE 仮想アプライアンスの新しい仮想マシンをパワーアップする前に、LAN および WAN に複数のインターフェイス(それぞれ 1 つ)を設定して割り当てる必要があります。
  • SD-WAN VPX-SE の場合、デフォルトでは、データインターフェイス(eth1 および eth2 など)のブリッジは作成されません。

サポートされているトポロジ展開

ハードウェア SD-WAN アプライアンスでサポートされている展開は、SD-WAN VPX-SE でもサポートされます。SD-WAN VPX-SE は、1 アームおよびインライン展開の両方をサポートします。WCCP はサポートされていません。

前提条件