Citrix SD-WAN プラットフォーム

VPX-SE/VPXL-SE プラットフォームごとの仮想イーサネットポート

SD-WAN 9.3 リリースでは、VPX-SE/VPXL-SE プラットフォームは 4 つの仮想イーサネットインターフェイスだけをサポートします。これにより、複数の VLAN が同じインターフェイスにマッピングされている場合(デバッグ可能)、展開の問題が発生します。SD-WAN 10.0 では、サーバー間の VPX-SE 高可用性展開用のポートの追加サポートが追加されました。このサポートにより、お客様は、高可用性インターフェイスを実ポートに 1 対 1 でマッピングし、仮想アプライアンスを分離し、両方の仮想アプライアンスがアクティブになるハイパーバイザの設定ミスを回避できます。すべてのハイパーバイザが、最大構成をサポートするために必要な9つの仮想ポートをサポートしているわけではありません。SD-WANアプライアンスに構成されているポートの数が、利用可能よりも多い場合、SD-WANは、ハイパーバイザーポートよりも多くのSD-WANポートを持つ現在の構成をサポートします。

VPX-SE/VPXL-SE プラットフォームごとの仮想イーサネットポート