Citrix SD-WAN プラットフォーム

Windows Serverを搭載した SD-WAN 2000 アプライアンス

Windows Serverプラットフォームを搭載したCitrix SD-WAN 2000は、1つのクアッドコアプロセッサと24ギガバイト(GB)のメモリを搭載した1Uアプライアンスです。

次の図は、Windows サーバを備えた SD-WAN 2000 アプライアンスのフロントパネルを示しています。

図1:Windows Serverを搭載したCitrix SD-WAN 2000アプライアンス、フロントパネル

:Windows サーバに apA ポートを割り当てることはできません。ただし、AUX ポートをWindows Serverに割り当てることができます。

ローカライズされた画像

Windows サーバを備えた SD-WAN 2000 アプライアンスには、次のポートがあります。

  • RS232 シリアルコンソールポート。
  • ライトアウト管理 (LOM) ポートと呼ばれる銅線イーサネット (RJ45) ポート。このポートを使用して、アプライアンスのソフトウェアとは無関係にアプライアンスをリモートで監視および管理できます。
  • 銅線イーサネット(RJ45)管理ポート。番号が 0/1 で、PRI(プライマリ)という名前が付いています。管理ポートは、システム管理機能のためにアプライアンスに直接接続するために使用されます。このポートは、WAN 最適化および Windows Server の初期プロビジョニングに使用できます。

    : LOM ポートは、管理ポートとしても動作します。

  • 4 つの 10/100/1000Base-T 銅線イーサネットポート。左から右に 1/1、1/2、1/3、および 1/4 の番号が付けられます。4 つのポートは 2 つの加速ペアを形成し、加速ブリッジとして機能します。ポート 1/1 および 1/2 はアクセラレーションペア A(apA)、1/3 および 1/4 はアクセラレーションペア B(APB)です。

次の図は、Windows サーバを備えた SD-WAN 2000 アプライアンスの背面パネルを示しています。

図2:Windows Serverを搭載したCitrix SD-WAN 2000アプライアンス、背面パネル

ローカライズされた画像

Windows サーバ搭載の SD-WAN 2000 アプライアンスの背面パネルには、次のコンポーネントが表示されます。

  • 600 GB リムーバブルソリッドステートドライブ。アプライアンスのソフトウェアとユーザーデータを格納し、1 TB のハードディスクドライブを格納します。
  • 電源スイッチ。アプライアンスへの電源をオンまたはオフに切り替えます。スイッチを 5 秒間押して、電源を切ります。
  • USB ポート (将来のリリース用に予約)。
  • 非マスク割り込み (NMI) ボタン。テクニカルサポートの要求に応じてコアダンプを生成するために使用する。この赤いボタンを押すには、ペン、鉛筆、またはその他の尖ったオブジェクトを使用する必要があります。このボタンは、意図しない起動を防ぐためにくぼんだ状態になっています。
  • 300ワット、100~240ボルトの単一電源。
Windows Serverを搭載した SD-WAN 2000 アプライアンス