Citrix SD-WAN プラットフォーム

シリアルコンソールを介した管理IPアドレスの割り当て

シリアルコンソールを介した管理IPアドレスの割り当て

コンピュータの設定を変更したくない場合は、シリアルヌルモデムケーブルを使用してアプライアンスをコンピュータに接続することで、初期構成を実行できます。アプライアンスに物理的にアクセスできることを確認します。

シリアルコンソールからアプライアンスを構成するには

  1. シリアルヌルモデムケーブルをアプライアンスのコンソールポートに接続します。
  2. ケーブルのもう一方の端を、Microsoft HyperTerminalなどのターミナルエミュレーターを実行しているコンピューターのシリアルCOMポートに、設定9600、N、8、1、pで接続します。
  3. ハイパーターミナルの出力で、 Enterキーを押します。端末画面にログオンプロンプトが表示されます。

    注意: 使用している端末プログラムによっては、 Enterキーを 2〜3回押す必要がある場合があります。

  4. ログオンプロンプトで、次のデフォルトの認証情報を使用してアプライアンスにログオンします。 ユーザー名: nsroot パスワード: nsroot。
  5. $プロンプトで次のコマンドを実行して 、アプライアンスのシェルプロンプトに切り替えます: $ ssh 169.254.0.10
  6. [ はい] を入力して、管理サービスへの接続を続行します。
  7. 次のデフォルトの資格情報を使用して、アプライアンスのシェルプロンプトにログオンします。 パスワード: nsroot。
  8. ログオンプロンプトで、次のコマンドを実行して、管理サービスの初期ネットワークアドレス構成メニューを開きます。 # networkconfig
  9. 1 と入力し、 Enterキーを押してオプション1を選択し、管理サービスの新しい管理IPアドレスを指定します。
  10. 2を入力しEnterキーを押してオプション2を選択し 、XenServerサーバーの新しい管理IPアドレスを指定します。
  11. 3 を入力し、 Enter キーを押してオプション 3 を選択し、管理サービスの IP アドレスのネットワークマスクを指定します。
  12. 4 を入力し、 Enter キーを押してオプション 4 を選択し、管理サービスの IP アドレスのデフォルトゲートウェイを指定します。
  13. 8 と入力し、Enterキーを押して設定を保存し、終了します。
  14. 管理ネットワーク上のコンピュータの Web ブラウザで、アプライアンスの新しい管理サービス IP アドレスを入力して、SD-WAN アプライアンスにアクセスします。
  15. 構成を続行するには、証明書を受け入れて続行します。続行するオプションは、使用しているWebブラウザーによって異なります。
  16. コンピュータをイーサネットポートに接続してアプライアンスを構成する手順の手順4 ~ 25 を実行して、 構成プロセスを完了します。
シリアルコンソールを介した管理IPアドレスの割り当て