Citrix SD-WAN プラットフォーム

SD-WAN WANOP 4100/5100 アプライアンスの管理ポートが点灯する

SD-WAN WANOP 4100/5100 アプライアンスの管理ポートが点灯する

SD-WAN 4100/5100 アプライアンスには、アプライアンスの前面パネルにインテリジェントプラットフォーム管理インターフェイス(IPMI)(ライトアウト管理(LOM)とも呼ばれます)ポートがあります。LOM を使用すると、SD-WAN 4100/5100 ソフトウェアとは無関係に、アプライアンスをリモートで監視および管理できます。LOM ポート経由でアプライアンスに接続することで、IP アドレスの変更、さまざまな電源操作、およびアプライアンスの健全性監視情報の取得をリモートで行うことができます。

LOM ポートを、データチャネルとは別の専用チャネルに接続することで、データネットワークがダウンしている場合でも、アプライアンスへの接続を維持できます。

Web ブラウザを使用した LOM ポートへのアクセス

Webブラウザを使用すると、LOMポートにリモートでログオンし、アプライアンスに関する情報を取得し、アプライアンス上でさまざまな操作を実行することができます。

Web ブラウザを使用して LOM にアクセスするには

  1. Web ブラウザで、LOM ポートの IP アドレスを入力します。初期構成の場合は、ポートのデフォルトアドレスを入力します。
  2. [ ユーザー名 ] ボックスに「 nsroot」と入力します。
  3. [ パスワード ] ボックスに「 nsroot」と入力します。

LOM ポートの設定

インテリジェントプラットフォーム管理インターフェイス(IPMI)(ライトアウト管理(LOM)ポートとも呼ばれ、NetScalerソフトウェアとは無関係に、アプライアンスをリモートで監視および管理できます。Lights-Out Management(LOM)ポートを初期構成するには、ポートのデフォルト IP アドレスに接続し、リモート監視および管理に使用するアドレスに変更します。管理者の資格情報とネットワーク設定も指定します。

メモ:LOM ポートの LED は設計上、動作しません。

NetScaler LOMポートを構成するには

  1. LOM ポートを管理ワークステーションまたはネットワークに接続します。
  2. Web ブラウザで、次のように入力します http://192.168.1.3

    :NetScaler LOMポートは、IPアドレス192.168.1.3とサブネットマスク255.255.0で事前構成されています。

  3. [ ユーザー名 ] ボックスに「 nsroot」と入力します。
  4. [ パスワード ] ボックスに「 nsroot」と入力します。
  5. [ 構成 ] タブで、[ ネットワーク ] をクリックし、次のパラメーターの値を入力します。
    • IP アドレス:LOM ポートの IP アドレス。
    • [Subnet Mask]:LOM ポートのサブネットを定義するために使用されるサブネットマスク。
    • デフォルトゲートウェイ:LOM ポートをネットワークに接続するルータの IP アドレス。
  6. [保存] をクリックします。

アプライアンスの電源を入れ直します

アプライアンスの電源をリモートでオフにし、再びオンにすることができます。結果は、アプライアンスの背面パネルの電源ボタンを 2 秒未満押した場合と同様です。

アプライアンスの電源を入れ直すには

  1. Web ブラウザで、LOM ポートの IP アドレスを入力します。
  2. [ユーザー名] ボックスと [パスワード] ボックスに、管理者の資格情報を入力します。
  3. メニューバーで、[ リモートコントロール] をクリックします。
  4. [ オプション] の [ 電源制御] をクリックし、[ システムの電源を入れ直す] をクリックします。
  5. [ アクションを実行] をクリックします。

アクセスコンソールを使用したアプライアンスへのアクセス

LOMポートを使用すると、リダイレクトされたコンソールにログオンして、アプライアンスにリモートからアクセスおよび管理できます。

アクセスコンソールを使用してアプライアンスにアクセスするには

  1. Web ブラウザで、LOM ポートの IP アドレスを入力します。
  2. [ユーザー名] ボックスと [パスワード] ボックスに、管理者の資格情報を入力します。
  3. メニューバーで、[ リモートコントロール] をクリックします。
  4. [ オプション] の [コンソールリダイレクト] をクリックします。
  5. [ コンソールの起動] をクリックし、[ はい] をクリックします。
  6. アプライアンスの管理者資格情報を入力します。

ヘルスモニタリング情報の取得

LOM ポートにログオンして、アプライアンスに関する正常性情報を表示できます。システム温度、CPU温度、ファン、電源のステータスなど、すべてのシステムセンサー情報は、センサーの読み取り値ページに表示されます。

ヘルスモニタリング情報を取得するには

  1. Web ブラウザで、LOM ポートの IP アドレスを入力します。
  2. [ユーザー名] ボックスと [パスワード] ボックスに、管理者の資格情報を入力します。
  3. メニューバーで、[ システムの正常性] をクリックします。
  4. [ オプション] で、[ センサーの読み取り値] をクリックします。

LOM ポートを使用した電源制御操作

LOM ポートを使用して、アプライアンスの再起動、正常なシャットダウン、強制シャットダウンの実行など、さまざまな電源制御操作をリモートで実行できます。

電源制御操作を実行するには

  1. Web ブラウザーで、管理者の資格情報を使用して LOM ポートにログオンします。
  2. メニューバーで、[ リモートコントロール] をクリックします。
  3. [ オプション] の [ 電源制御] をクリックし、次のいずれかのオプションを選択します。
    • システムのリセット:アプライアンスを再起動します。
    • システムの電源オフ — 即時:アプライアンスをシャットダウンせずに、アプライアンスへの電源を切断します。
    • システムの電源オン:アプライアンスの電源を入れます。
    • システムの電源オフ/オン:アプライアンスの電源を切り、再び電源を入れます。
  4. [ アクションを実行] をクリックします。
SD-WAN WANOP 4100/5100 アプライアンスの管理ポートが点灯する