Citrix SD-WAN プラットフォーム

SD-WAN 4100 WANOP

Citrix SD-WAN 4100 WANOP は、2U アプライアンスです。各モデルには、合計 12 個の物理コア (ハイパースレッディング付きの 24 コア) と 48 ギガバイト (GB) のメモリ用の 6 コアのプロセッサが 2 つ搭載されています。Citrix SD-WAN 4100 WANOP の帯域幅は、それぞれ 310 Mbps、500 Mbps、および 1 Gbps です。

次の図は、Citrix SD-WAN 4100アプライアンスのフロントパネルを示しています。

図1.Citrix SD-WAN 4100、フロントパネル

ローカライズされた画像

Citrix SD-WAN 4100 WANOP アプライアンスには、次のポートがあります。

  • 10/100Base-T 銅線イーサネットポート (RJ45)。LOM ポートとも呼ばれます。このポートを使用して、アプライアンスのソフトウェアとは無関係にアプライアンスをリモートで監視および管理できます。
  • RS232 シリアルコンソールポート。
  • ネットワークポート
    • 2ポート10/1Gバイパス x
    • 4ポート1Gバイパス
    • 4ポート10G/1G×1。
    • 2ポート10G (隠し) ×1。

次の図は、Citrix SD-WAN 4100 WANOP アプライアンスの背面パネルを示しています。

図2:Citrix SD-WAN 4100 WANOP 背面パネル

ローカライズされた画像

Citrix SD-WAN 4100 WANOP アプライアンスの背面パネルには、次のコンポーネントが表示されます。

  • 4 つの 800 GB リムーバブルソリッドステートドライブ。アプライアンスの圧縮履歴を保存します。
  • 2 つの 1 TB リムーバブルハードディスクドライブ。
  • 電源スイッチ。電源装置を取り外すかのように、アプライアンスへの電源を切ります。スイッチを 5 秒間押して、電源を切ります。
  • アラームボタンを無効にします。このボタンは、アプライアンスに電源装置が 2 つある場合にのみ機能します。アプライアンスを 1 つの電源コンセントだけに接続した場合、または 1 つの電源装置が故障して修理されるまでアプライアンスの動作を続行する場合は、このボタンを押して、電源アラームの鳴りを停止します。
  • 2つの電源(ACまたはDCのいずれか)。完全なホットスワップ冗長性を提供します。
SD-WAN 4100 WANOP