Citrix SD-WAN WANOP

仮想インラインモード

仮想インラインモード

:

仮想インラインモードは、インラインモードとWCCPモードの両方が実用的でない場合にのみ使用してください。同じアプライアンス内でインラインモードと仮想インラインモードを混在させないでください。ただし、同じアプライアンス内で仮想インラインモードとWCCPモードを混在させることができます。Citrixは、ヘルスモニタリングをサポートしていないルーターでの仮想インラインモードを推奨していません。

仮想インラインモードでは、ルータはポリシーベースルーティング(PBR)ルールを使用して、着信および発信WANトラフィックをアプライアンスにリダイレクトして加速し、アプライアンスは処理されたパケットをルータに転送します。ほとんどすべての構成タスクはルーターで実行されます。アプライアンスで構成する必要があるのは転送方法だけであり、デフォルトの方法をお勧めします。

WCCPと同様に、仮想インライン展開では再配線やダウンタイムが不要であり、2つ以上のWANリンクを使用した展開で直面する非対称ルーティングの問題に対するソリューションを提供します。WCCPとは異なり、ステータスモニタリングやヘルスチェックが組み込まれていないため、トラブルシューティングが困難です。したがって、WCCPが推奨モードであり、仮想インラインは、インラインモードとWCCPモードの両方が実用的でない場合にのみ推奨されます。

次の図は、リモートサイト宛てまたはリモートサイトから受信したすべてのトラフィックがアプライアンスにリダイレクトされる単純なネットワークを示しています。この例では、ローカルサイトとリモートサイトの両方が仮想インラインモードを使用しています。

図1:仮想インラインの例

ローカライズされた画像

この例のネットワークの構成の詳細は次のとおりです。

  • エンドポイントシステムでは、ゲートウェイがローカルルーターに設定されています(これは仮想インラインモードに固有ではありません)。
  • 各ルーターは、着信WANトラフィックと発信WANトラフィックの両方をローカルアプライアンスにリダイレクトするように構成されています。
  • 各アプライアンスは、ローカルルーターから受信したトラフィックを処理し、ルーターに転送します。
  • ルーターに構成されたPBRルールは、パケットがアプライアンスとの間で1回だけトリップできるようにすることで、ルーティングループを防止します。アプライアンスがルーターに転送するパケットは、元の(ローカルまたはリモートの)宛先に送信されます。
  • 各アプライアンスでは、通常どおり、デフォルトゲートウェイがローカルルーターのアドレスに設定されています([ 構成:ネットワークアダプター] ページ)。パケットをルーターに転送するためのオプションは、「イーサネット送信者に戻る」と「ゲートウェイに送信」です。
仮想インラインモード

この記事の概要