Citrix SD-WAN WANOP

データセンタートポロジに基づいて展開モードを選択します

アプライアンスは、WANリンクに沿って配置できます。アプライアンスは、インラインモードに2つのブリッジイーサネットポートを使用します。パケットは一方のイーサネットポートに入り、もう一方のイーサネットポートから出ます。このモードでは、アプライアンスをWANルーターとLANの間に配置します。ネットワークの残りの部分では、アプライアンスがまったく存在しなかったかのようになります。その操作は完全に透過的です。

インラインモードには、他の展開モードに比べて次の利点があります。

  • 最高性能。

  • クイックインストールページのみを使用して、非常に簡単に構成できます。

  • 他のネットワーク機器の再構成はありません。

他のモード(WCCP、仮想インライン、リダイレクタ)はセットアップが不便であり、通常はルータを再設定する必要があり、パフォーマンスがやや低下します。

基本的な展開の考慮事項は、サイトに単一のWANルーターがあるか複数のWANルーターがあるかです。また、どの機能をどのモードで使用できるかについても考慮する必要があります。VPNをサポートするための要件は、ネットワーク内のアプライアンスの配置に影響します。

Access GatewayアプライアンスはCitrix SD-WAN WANOP TCP最適化をサポートし、Citrix SD-WAN WANOPアプライアンスがAccess Gatewayとともに展開されている場合にVPN接続を高速化します。

展開モードの概要

アプライアンスは、次のモードで展開できます。

転送モード

  • インラインモード-最高のパフォーマンス、最も透過的なモード。データは、一方の高速イーサネットポートに流入し、もう一方のポートに流出します。いかなる種類のルーターの再構成も必要ありません。

  • デュアルブリッジとインライン—インラインと同じですが、2つの独立したアクセラレーションブリッジがあります。

  • WCCPモード-インラインモードが実用的でない場合に推奨されます。ほとんどのルーターでサポートされています。3行のルーター構成のみが必要です。CiscoルータでWCCPモードを使用するには、ルータが少なくともIOSバージョン12.0(11)Sまたは12.1(3)Tを実行している必要があります。(WCCPはWeb Cache Communications Protocolの略ですが、プロトコルはバージョン2.0で大幅に拡張され、さまざまなネットワークデバイスをサポートします。)

  • 仮想インラインモード-WCCPモードと同様です。ポリシーベースのルーティングを使用します。通常、ルーターには専用のLANポートが必要です。イーサネットバイパスカードのないユニットでは推奨されません。Ciscoルータで仮想インラインモードを使用するには、ルータでIOSバージョン12.3(4)T以降が実行されている必要があります。

  • グループモード:サイト内で、リンクごとに1つずつ、2つ以上のインラインアプライアンスで使用されます。複数のブリッジ、WCCP、および仮想インラインモードがすべて実用的でない場合にのみ推奨されます。

  • ハイアベイラビリティモード—2つのインラインまたは仮想インラインアプライアンスを primary/secondary ペアに透過的に組み合わせます。プライマリアプライアンスがすべてのトラフィックを処理します。失敗した場合は、セカンダリアプライアンスが引き継ぎます。ルーターの設定は必要ありません。イーサネットバイパスカードを備えたアプライアンスが必要です。

  • 透過モード—Citrix SD-WAN WANOPプラグインとの通信に推奨されるモード。透過モードでは、プラグインはCitrix SD-WAN WANOPアプライアンスと基本的に同じ方法で接続を開始し、接続の元のIPアドレスとポート番号を保持し、Citrix SD-WAN WANOPオプションをTCP/IP 選択したパケットのヘッダーに追加します。対照的に、リダイレクタモード(非推奨)では、プラグインはパケットの宛先IPとポート番号を変更して、アプライアンスのシグナリングIP(およびポート)と一致させます。

  • リダイレクタモード (非推奨)-Citrix SD-WAN WANOPプラグインがトラフィックをアプライアンスに転送するために使用します。スタンドアロンモードとして使用することも、他の展開の1つと組み合わせて使用することもできます。ルーターの設定は必要ありません。

加速モード

  • Softboostモード:ほとんどのリンクに推奨される高性能TCPバリアント。ハードブーストモードよりもパフォーマンスは低くなりますが、どの展開でも機能します。通常のTCPと同じように動作しますが、より高速です。

  • ハードブーストモード—高速リンク、大陸間リンク、衛星リンク、およびフルリンク速度を達成することが難しいその他の固定速度リンクに役立つ、非常にアグレッシブで帯域幅が制限されたTCPバリアント。トラフィックシェーピングが不要な固定速度のポイントツーポイントリンクに推奨されます。

    Citrix SD-WAN WANOPアプライアンスと展開モードの詳細については、Citrix SD-WAN WANOPプラットフォームのドキュメントを参照してください。

データセンタートポロジに基づいて展開モードを選択します

この記事の概要