Citrix SD-WAN WANOP

ビデオキャッシングシナリオ

ビデオキャッシングシナリオ

次のシナリオでは、Citrix SD-WAN WANOPアプライアンスにビデオキャッシュを展開できます。

ブランチオフィスへのアクセス

ローカライズされた画像

この使用例では、ユーザーは自分のコンピューターのWebブラウザーを介してインターネットにアクセスします。Vimeoなどの有効なサイトからのビデオコンテンツを含むこれらのリクエストは、ローカルのCitrix SD-WAN WANOPアプライアンスにキャッシュされます。その後、同じビデオにアクセスすると、ローカルアプライアンスでキャッシュヒットが発生し、リモートサーバーを待たずにLAN速度でビデオを配信できるようになります。

ペアリングされたデバイス間のトラフィックを高速化する他のCitrix SD-WAN WANOP機能とは異なり、この機能は、ビデオWebサイトにアクセスできるローカルアプライアンスのみを必要とするシングルエンド操作です。

HDX MediaStreamフラッシュリダイレクトを使用したCitrix Virtual Apps and Desktops ユーザーのブランチオフィス

ローカライズされた画像

HDXフラッシュリダイレクトは、Citrix Virtual Apps and Desktops の機能です。サーバー側またはデータセンターのインターネットを使用して、リモートVirtual Desktopsディスプレイにビデオをレンダリングする代わりに、この機能を使用してローカルシステムにフラッシュビデオがトンネリングされます。ビデオは実際のクライアントマシンにストリーミングされ、ブランチオフィスのインターネットを使用して実際のクライアントでレンダリングされます。ブランチサイドのCitrix SD-WAN WANOPアプライアンスでビデオキャッシュ機能を有効にすると、ユーザーの視聴体験が大幅に向上します。さらに、この機能を有効にすると、ストリーミングビデオの帯域幅要件が軽減されます。

エンタープライズHTTPビデオWebサーバー

ローカライズされた画像

このユースケースでは、ユーザーはデータセンターからビデオWebサーバーにアクセスします。ブランチ側のCitrix SD-WAN WANOPアプライアンスでビデオキャッシュ機能を有効にすると、ユーザー要求はブランチ側のCitrix SD-WAN WANOPアプライアンスのキャッシュから処理されます。これにより、データセンターのCitrix SD-WAN WANOPアプライアンスへのネットワークトラフィックを削減できます。その結果、データセンターのCitrix SD-WAN WANOPアプライアンスの帯域幅を使用して、他のブランチのトラフィックを処理できます。

ビデオキャッシングシナリオ