Citrix SD-WAN WANOP

イーサネットポートのカスタマイズ

一般的なアプライアンスには、4つのイーサネットポートがあります。バイパス(配線に失敗)リレーを備えた 加速ペアA (apA.1およびapA.2)と呼ばれる2つの加速ブリッジポートと、プライマリおよびAux1と呼ばれる2つの加速されていないマザーボードポートです。ブリッジポートは加速を提供しますが、マザーボードポートは二次的な目的で使用されることもあります。ほとんどのインストールでは、ブリッジポートのみが使用されます。

一部のSD-WANユニットには、マザーボードポートしかありません。この場合、2つのマザーボードポートがブリッジされます。

アプライアンスのユーザーインターフェイスには、VLANまたは非VLANネットワークからアクセスできます。管理目的で、アプライアンスのブリッジポートまたはマザーボードポートのいずれかにVLANを割り当てることができます。

図1:イーサネットポート

ローカライズされた画像

ポートリスト

ポートの名前は次のとおりです。

イーサネット ポート 名前
マザーボードポート1 プライマリ(またはバイパスカードが存在しない場合はapA.1)
マザーボードポート2 Auxiliary1またはAux1(またはバイパスカードが存在しない場合はapA.2)
ブリッジ #1 加速ペアA(apA、ポートapA.1およびapA.2)
ブリッジ #2 加速ペアB(apB、ポートapB.1およびapB.2)

表1. イーサネットポート名

イーサネットポートのカスタマイズ

この記事の概要