Citrix SD-WAN WANOP

インターネットプロトコルバージョン6(IPv6)アクセラレーション

デバイスを介してインターネットに接続すると、デバイスにIPアドレスが割り当てられます。IPアドレスはアプライアンスを識別し、その場所を示します。インターネットに接続するデバイスの数は急速に増加しています。その結果、32ビットアドレスを使用する既存のバージョンのインターネットプロトコル(IP)であるIPv4では、IPアドレスの要求を管理することは困難です。IPv4を使用することにより、インターネットに接続するデバイスに約43億のアドレスを割り当てることができます。

IPv6は、128ビットアドレスと16進ラベルを使用してIPv6ネットワーク上のデバイスのネットワークインターフェイスを識別することにより、この問題に対処します。IPv6はIPv4よりもはるかに多くのIPアドレスをサポートしているため、組織やアプリケーションは徐々にIPv6プロトコルのサポートを導入しています。

IPv4プロトコルとIPv6プロトコルは相互運用できないため、移行が困難です。Citrix SD-WAN WANOPアプライアンスでサポートされているさまざまなアプリケーションからのIPv6トラフィックの増加を加速するために、IPv6加速機能を有効にすることができます。

デフォルトでは、IPv6はアプライアンスで無効になっています。Citrix SD-WAN WANOPアプライアンスでIPv6アクセラレーションを有効にするには、[ 構成]>アプライアンスの設定 >機能 ページを開き、 IPv6アクセラレーション 機能を有効にします。

ローカライズされた画像

IPv6接続を確認する

アプライアンスでIPv6アクセラレーションを有効にした後、アプライアンスはIPv6プロトコルを使用してアプリケーションのトラフィックのアクセラレーションを開始します。アプライアンスがIPv6トラフィックを加速していることを確認するために、アプライアンスでそのような接続を監視できます。

IPv6接続を監視するには、 [監視]タブに移動します。[ 監視 ]タブの[ 接続 ]ページには、IPv6プロトコルのトラフィック関連の統計が表示されます。

接続: [接続]ページには、アプライアンスで確立されたすべての接続の詳細が一覧表示されます。このページは、AcceleratedConnectionsとUnacceleratedConnectionsの2つのタブで構成されています。[Accelerated Connections]タブには、アプライアンスが加速しているすべての接続が一覧表示されます。このタブでは、各エントリの[イニシエーター]列と[レスポンダー]列を参照して、IPv6トラフィックを識別できます。これらの列に16進数のIPアドレス値が含まれている場合、次のスクリーンショットに示すように、エントリはIPv6接続を表します。

ローカライズされた画像

加速されていないIPv6接続は、[加速されていない接続]タブに一覧表示されます。これらの接続を高速化したい場合は、アプライアンスのアプリケーションパラメータのトラブルシューティングと微調整が必要になる場合があります。[ Accelerated Connections ]タブと同様に、このタブでは、各エントリの[ Initiator ]列と[ Responder] 列を参照してIPv6接続を識別できます。

トップアプリケーション: [トップアプリケーション]ページには、Citrix SD-WANアプライアンスによって提供されるさまざまなアプリケーションのトラフィックスループットをグラフィカルに表すために使用できる時間枠の粒度が表示されます。デフォルトでは、トラフィックスループットは直前までに表示されます。ただし、ページのタイトルバーにあるリストから[直前]、[前回]、[前回]、[先週]、または[先月]を選択して、時間枠を変更できます。このページには、[ トップアプリケーショングラフ][最後の再起動以降]、および[ アクティブなアプリケーション(最後の再起動以降)]の3つのタブがあります。[トップアプリケーショングラフ]タブには、次の統計が含まれています。

  • 合計アプリケーションリンクスループットのパーセンテージ(送信済み): これは、アプライアンスが各アプリケーションに送信したトラフィックの割合を示す円グラフです。アプライアンスがIPv6プロトコルを使用するアプリケーションにかなりの割合のトラフィックを送信した場合、アプリケーションのトラフィックの割合はこのグラフに示されます。

    ローカライズされた画像

  • 合計アプリケーションリンクスループットのパーセンテージ(受信済み): これは、アプライアンスが各アプリケーションから受信したトラフィックの割合を示す円グラフです。アプライアンスがIPv6プロトコルを使用するアプリケーションからかなりの割合のトラフィックを受信した場合、グラフにはアプリケーションによって生成されたトラフィックの割合が表示されます。

    ローカライズされた画像

  • 送信レート: これは、アプライアンスが各アプリケーションにトラフィックを送信した速度をビット/秒で表す一連のデータのスタックグラフです。アプライアンスがIPv6プロトコルを使用してアプリケーションにデータを送信した場合、IPv6プロトコルを使用して各アプリケーションを示す一連のデータもこのグラフにプロットされます。

    ローカライズされた画像

  • 受領率: これは、アプライアンスが各アプリケーションからトラフィックを受信した速度をビット/秒で表す一連のデータのスタックグラフです。アプライアンスがIPv6プロトコルを使用するアプリケーションからデータを受信した場合、IPv6プロトコルを使用する各アプリケーションを示す一連のデータもこのグラフにプロットされます。

    ローカライズされた画像

  • トップアプリケーションテーブル: これは、各アプリケーションの統計の表です。この表には、アプライアンスがトラフィックを処理したすべてのアプリケーションが、ビット/秒単位の送受信レート、送受信された合計バイト数、アプリケーションのトラフィックの割合、およびアプライアンスがトラフィックを処理したレートとともに一覧表示されます。応用。アプライアンスがIPv6プロトコルを使用してアプリケーションのトラフィックを処理した場合、アプリケーションはその統計とともにこの表にリストされます。

    ローカライズされた画像

  • アプリケーショングループ: これは、各アプリケーションの統計の表であり、そのアプリケーショングループと親アプリケーション(存在する場合)も含まれます。この表は、アプリケーションに対して送受信されたバイトを示しています。各アプリケーション、およびそのアプリケーショングループと親アプリケーションは、ハイパーリンクとして表示されます。ハイパーリンクをクリックすると、クリックしたリンクの統計の詳細が表示されます。アプライアンスがIPv6プロトコルを使用してアプリケーションのトラフィックを処理した場合、アプリケーションはその統計とともにこの表にリストされます。

    ローカライズされた画像

[ 最後の再起動以降 ]タブには、アプライアンスを再起動してからのアプリケーショントラフィックに関する統計が含まれています。このタブには、[Total Application Link Throughput Percentage(Sent)]および[Total Application Link Throughput Percentage(Received)]グラフと、[Top Applications Graphs]タブと同様の統計が示されていますが、アプライアンスの再起動以降のデータが含まれています。[ アクティブなアプリケーション(最後の再起動以降) ]タブには、アプライアンスが再起動されてからのすべてのアクティブなアプリケーションを一覧表示するテーブルが含まれています。このテーブルには、アプリケーションの送受信レート、送受信された合計バイト数、および送受信された合計パケット数に関する詳細が含まれています。

インターネットプロトコルバージョン6(IPv6)アクセラレーション

この記事の概要