Citrix SD-WAN WANOP

ビデオキャッシュソースを管理する

ビデオソースは、グローバル設定を構成することによってグローバルに管理することも、ビデオソースのステータスを変更することによって個別に管理することもできます。

グローバル設定を構成する

グローバル設定を使用すると、アプライアンスレベルで機能を構成できます。追加したビデオソースに関係なく、これらの設定はアプライアンスのビデオキャッシュ機能全体に適用できます。次の操作を実行できます:

  • キャッシュされたオブジェクトの最大サイズを構成します

  • DNSサフィックスを構成する

  • キャッシュポートの構成

  • ビデオキャッシュポリシーファイルを更新します

キャッシュされたオブジェクトの最大サイズを構成できます。この制限より大きなオブジェクトはキャッシュされません。デフォルトでは、キャッシュされるオブジェクトサイズは最大100MBです。

完全なドメイン名を含まず、ドメイン名のサフィックスをビデオサーバーのホスト名に追加する必要があるURLの場合、サーバーからの応答を引き出すためにデフォルトのドメイン名を追加する必要があります。たとえば、 http://training/CitrixSD-WANWANOP\_VideoCaching.mp4 ビデオにアクセスすると、アプライアンスはURLを http://training.example.com/CitrixSD-WANWANOP\_VideoCaching.mp4に変換することが期待される場合があります。この場合、ドメイン名のサフィックスとしてexample.comを指定する必要があります。

ビデオキャッシュ機能には、HTTPビデオサーバーのポート番号が必要です。デフォルトはポート80です。HTTPビデオサーバーがこの既知のHTTPポート以外のポートを使用している場合は、キャッシュポートのリストにポート番号を追加する必要があります。

ビデオキャッシュのグローバル設定を構成するには:

  1. 構成 > ビデオキャッシング > グローバルパラメータを設定します。

    ローカライズされた画像

  2. [ MaxCachingオブジェクトサイズ] フィールドで、キャッシュされたオブジェクトの最大サイズを設定します。

    使用可能な制限から値を選択します。この制限より大きなオブジェクトはキャッシュされません。

  3. [ DNSサフィックス] フィールドに、完全なドメイン名を含まず、ビデオサーバーのホスト名にドメイン名サフィックスを追加する必要があるURLに追加するドメイン名を入力します。

  4. [ キャッシュポート] フィールドに、HTTPビデオサーバーのポートを入力して、キャッシュポートのリストに追加します。必要に応じて、コンマで区切って複数のポート番号を追加します。

  5. [OK] をクリックします。

アプライアンスは、割り当てられたディスク領域の10%を管理目的で使用します。ディスク使用量が割り当てられたディスク容量の90%に達すると、ディスクがいっぱいになったことを示します。より多くのビデオオブジェクトをキャッシュするために、アプライアンスは最も使用されていないオブジェクトをビデオキャッシュから削除します。キャッシュが古いビデオオブジェクトを提供しない限り、キャッシュをクリアする必要はありません。

ビデオキャッシュをクリアするには、[ 構成]>ビデオキャッシュ をクリックし、[ ビデオキャッシュのクリア]をクリックします。

ビデオキャッシュソースを管理する

この記事の概要