Citrix SD-WAN WANOP

診断

診断

このセクションでは、SD-WAN WANOPネットワークのネットワークの問題を特定してトラブルシューティングするための診断ツールを提供します。Citrix SD-WANサポートチームがネットワークの問題を診断および解決するのに役立つシステムログファイル、システム情報、およびその他の必要な詳細を取得することもできます。

SD-WAN WANOPで使用できる診断ツールは次のとおりです。

  • トレース
  • パケットアナライザ
  • カードテストをバイパスする
  • コースを取得
  • ラインテスター
  • Ping
  • Traceroute
  • システム情報
  • 診断データ

ローカライズされた画像

トレース

トレース ツールは、SD-WAN WANOPネットワーク上を流れるパケットを監視するために使用されます。各パケットを開き、使用されているプロトコル、送信元と宛先のIPアドレス、およびその他のペイロード情報を識別できます。この情報は、ネットワークの問題の根本原因を見つけるためにCitrixサポートチームによって使用されます。

パケットヘッダーのみ をトレースするか、 パケットヘッダーとペイロードをトレースするかを選択できます。トレースするモジュールを選択し、トレースをデプロイメント固有にするかシステム固有にするかを指定できます。

[ トレースの開始]をクリックすると、アプライアンスはパケットのトレースを開始します。[トレースの停止]をクリックすると、結果がZIPアーカイブにパッケージ化されます。 **このアーカイブは、[ファイルの取得]オプションを使用してコンピューターにダウンロードできます。 **その後、これらのファイルをサポートチームに転送できます。トレースファイルは、クラッシュ分析データも提供します。

[ 分析] をクリックして、[ パケットアナライザ ]タブにパケットの詳細を表示します。

ローカライズされた画像

時間、送信元アドレス、宛先アドレス、プロトコル、長さ、およびペイロード情報を表示できます。

カードテストをバイパスする

インライン(Fail-to-wire)モードでのアプライアンス展開について、イーサネットインターフェイスのFail-to-Wire機能をテストできます。アプライアンスがバイパスモードを維持する秒数を入力し、[ テストの開始]をクリックします。この期間中、アプライアンスはバイパスされます。その後、通常の動作に戻ります。

ローカライズされた画像

コアを取得する

コア ファイルは、SD-WAN WANOPアプライアンスが異常終了またはクラッシュしたときに作成されます。アプライアンスは、クラッシュ後に自動的に再起動します。クラッシュが続く場合、アクセラレーションは無効になりますが、管理インターフェイスはアクティブなままです。

アプライアンスのクラッシュ時またはアプライアンスの異常動作時に作成された必要なコアファイルを選択して取得できます。取得したファイルはZIPアーカイブに保存されます。これをサポートチームと共有して、さらに分析することができます。

ローカライズされた画像

ラインテスター

Line Test:SERVER 関数は、TCPモードで実行されているアプライアンス上のiperfサーバーを起動します。このオプションは、WANOPアプライアンス間の接続を確認し、ネットワークトラフィックをトラブルシューティングするために使用できます。iperfテストを実行するには、1つのシステム(アプライアンスまたは別のホスト)がサーバーとしてiperfを実行し、別のシステムがクライアントとして接続する必要があります。

ローカライズされた画像

デフォルトの LineTesterServer インターフェイスとポート番号を使用できます。[ サーバーの開始] をクリックして、アプライアンスでiperfサーバーを開始します。

ローカライズされた画像

ラインテスト:CLIENT 機能は、TCPモードで実行されているユニットでiperfクライアントを起動します。iperfサーバーのポート番号とテストの長さを指定することもできます。テストが完了すると、接続速度が報告されます。[ テストの開始]を クリックして、WANおよびLANトラフィックの結果を確認します。

ローカライズされた画像

Ping

Pingを 使用すると、SD-WANネットワーク内のネットワーク要素の接続を確認できます。ネットワーク要素のIPアドレスを入力し、[ Pingの実行 ]をクリックして結果を確認します。

ローカライズされた画像

Traceroute

Tracerouteを 使用すると、SD-WANアプライアンスとSD-WANネットワークまたはインターネット上の他のネットワーク要素との間のルートを記録できます。各ホップにかかった時間を計算して表示します。

ローカライズされた画像

システム情報

システム情報に は、デフォルトに設定されていないすべてのパラメーターがリストされます。この情報は読み取り専用です。なんらかの設定ミスが疑われる場合にサポートが使用します。問題を報告すると、このページで1つ以上の値を確認するように求められる場合があります。

デフォルト以外の設定、アダプタプライマリの詳細情報、アダプタapA.2の詳細情報、およびアダプタapA.1の詳細情報を提供します。

ローカライズされた画像

診断データ

診断データを 使用すると、Citrixサポートチームによる分析のために診断データをパッケージ化できます。必要な診断ファイルを選択し、[ 開始]をクリックします。次に、[ ファイルの取得 ]をクリックしてzipアーカイブをダウンロードし、Citrixサポートと共有できます。

ローカライズされた画像

診断