Citrix SD-WAN WANOP

導入ワークシート

導入ワークシート

このワークシートは、リリース9.3構成ウィザードを使用して出荷時設定にリセットされたアプライアンスをプロビジョニングする場合にのみ使用してください。以前に構成したシステムをリリース9.3にアップグレードするだけの場合、アプライアンスは以前の構成を保持しますが、これは異なります。

アプライアンスは少なくとも2つのポートを使用します:管理ポート(通常は 0/1) およびトラフィックポート(10/1など)。インラインモードでは、ポートなどのトラフィックポートをペアで使用します 10/1 そして 10/2. 構成はポートのIDに依存するため、ポートは事前に選択する必要があります。

アプライアンスは、管理サブネット、外部トラフィックサブネット、および内部トラフィックサブネットの3つのサブネットを直接使用します。各サブネットで複数のIPアドレスが使用されます。各サブネットは、正しいサブネットマスクとともに指定する必要があります。

次の図は、これらのパラメーターのワークシートです。高可用性の有無にかかわらず、インラインモードと WCCP モードをサポートします。図の下の表は、各エントリの意味を示しています。

ローカライズされた画像

表1展開ワークシートのパラメーター

  パラメーター あなたの価値 説明
管理サブネット        
M2. ゲートウェイのIPアドレス 10.199.79.254   管理サブネットにサービスを提供するデフォルトゲートウェイ。
M3. サブネット マスク 255.255.255.128   管理サブネットのサブネットマスク。
M4. Xen HypervisorのIPアドレス 10.199.79.225   Xen HypervisorのIPアドレス。
M5. サービスVMのIPアドレス 10.199.79.226   構成を制御する管理サービスVMのIPアドレス。
M6. アクセラレータUI 10.199.79.227   インスタンスを1つの単位として管理する、ブローカーUIとも呼ばれるアクセラレータGUI。
M7. NetScaler ManagementIPアドレス 10.199.79.245   NetScalerインスタンスのGUIおよびCLIインターフェースのIPアドレス。
外部トラフィックサブネット        
T1. Router IP address 172.17.17.1   外部トラフィックサブネット上のルーターのIPアドレス。
T2. サブネット マスク 255.255.255.0   外部トラフィックサブネットのサブネットマスク。
T3. NetScaler の IP アドレス 172.17.17.2   外部トラフィックサブネット上のNetScalerIPアドレス。
T4. 外部シグナリングIPアドレス 172.17.17.10   このIPアドレスへのトラフィックは、アクセラレータのシグナリングIPアドレス間で負荷分散されます。
T5. 外部WCCPIPアドレス #1 172.17.17.11   NATを介してアクセラレータ上のWCCPVIPにマップします #1.
T6. 外部WCCPIPアドレス #2 172.17.17.12   NATを介してアクセラレータ上のWCCPVIPにマップします #2.
T7. ローカルLANサブネット 10.200.0.0/16   加速されるローカルLANサブネット。これは、アクセラレーションを受信する唯一のサブネットです。
T8. GREルーターのホストID -   WCCP-GREのみ。GREルーターのホストID。
T9. トラフィックポート 10/1   加速トラフィックに使用されるポート。
T10+. (インライン)より多くのトラフィックポート     ペアの他のトラフィックポート。
T11, T12 (WCCP)サービスグループ:TCP、UDP 71, 72   アクセラレータ#1 が使用するサービスグループ WCCPの場合。1つ目はTCPトラフィック用、2つ目はUDP用です。
T13, T14 (使用されていない)      
T15, T16 (インライン)リンク#2で使用されるポート 10/5, 10/6   インラインモードで複数のリンクが使用されている場合、これらのポートはリンク#2に使用されます
T17, T18 (インライン)リンク#3で使用されるポート 10/7, 10/8   インラインモードで複数のリンクが使用されている場合、これらのポートはリンク#3に使用されます
VLAN1.1、VLAN1.2、VLAN1.3、VLAN1.4 ブリッジ#1の外部VLAN 412   VLANトランキングが使用されている場合、これらはブリッジ#1を通過するタグ付きVLANです。
VLAN2.1、VLAN2.2、VLAN2.3、VLAN2.4       VLANトランキングが使用されている場合、これらはブリッジ #2を通過するタグ付きVLANです。
VLAN3.1、VLAN3.2、VLAN3.3、VLAN3.4 ブリッジ#1の外部VLAN     VLANトランキングが使用されている場合、これらはブリッジ#3を通過するタグ付きVLANです。
導入ワークシート