Citrix SD-WAN WANOP

HTML5用にCitrix Receiverを最適化する

HTML5用にCitrix Receiverを最適化する

動的コンテンツを提供する必要のあるアプリケーションは、HTML5WebSocketで動作します。Citrix Receiver for ChromeおよびCitrix Receiver for HTML5は、HTML5 WebSocketをサポートするアプリケーションです。これらのアプリケーションは、HTML5 WebSocketsをサポートする最新のWebブラウザと統合できるため、Virtual Desktopsへのアクセスが簡素化されています。

この機能を使用するために、アプライアンスの構成を変更する必要はありません。

Citrix SD-WAN WANOPアプライアンスがCitrix Receiver for HTML5を最適化する方法

一般的なブランチオフィスおよびデータセンターの設定では、仮想デスクトップエージェント(VDA)などの共有リソースがデータセンター内のCitrix Hypervisor サーバーにインストールされます。ブランチオフィスのクライアントは、Citrix Receiverを使用してネットワーク経由でこれらの共有リソースにアクセスします。

一般的なブランチオフィスおよびデータセンターの設定では、仮想デスクトップエージェント(VDA)などの共有リソースがデータセンター内のCitrix Hypervisor サーバーにインストールされます。ブランチオフィスのクライアントは、Citrix Receiverを使用してネットワーク経由でこれらの共有リソースにアクセスします。

HTMLに準拠しているため、VDAはポート8008で実行されるWebSocketリスナーを使用します。アプリケーションにアクセスすると、クライアントはポート8008でTCP接続を開始し、それを使用してサーバーにHTTP要求を送信し、接続をアップグレードしてWebSocketプロトコルを使用します。クライアントがWebSocket接続をVDAとネゴシエートした後、Independent Computing Architecture(ICA)ネゴシエーションが開始され、クライアントとサーバーはICA over HTML5を使用してデータを交換します。クライアントとサーバー間で交換されるメッセージのシーケンスの詳細については、「クライアントとサーバー間で交換されるメッセージ」を参照してください。

クライアントとサーバー間の接続が確立された後、Citrix SD-WAN WANOPアプライアンスは、ネットワーク上のトラフィックを高速化し、Citrix Receiver for HTML5を使用してWebページやその他のアプリケーションを高速化することで接続の最適化を開始します。HTML5接続用にCitrix Receiverを最適化する機能は、HTTPアクセラレーションに似ています。

Citrix SD-WAN WANOPアプライアンスを構成してCitrix Receiver for HTML5を最適化する

HTML5接続用のCitrix Receiverの最適化は、構成ゼロの機能です。アプライアンスの構成を変更する必要はありません。Citrix SD-WAN WANOP ソフトウェアをリリース CB 7.3.1 以降にアップグレードすると、アプライアンスに alt-http アプリケーション分類子が作成され、このアプリケーション分類子はポート8008(Virtual Desktopsのデフォルト値)にマップされます。アプライアンスのソフトウェアをアップグレードするとすぐに、Citrix Receiver for HTML5を使用するネイティブChrome接続を最適化する準備が整います。

Citrix Receiver for HTML5を介した接続にSSL暗号化を使用している場合、接続はICA over SSLを使用します。Citrix Receiver for HTML5でICA over SSLアクセラレーションを有効にするには、標準のSSLアクセラレーションを構成する必要があります。これには、サービスクラスの適切な宛先IPアドレスとSSLプロファイルマッピングが含まれます。アプライアンスをICAプロキシモードで展開することを計画している場合は、StoreFrontVIPアドレスをStoreFront証明書にマップする必要があります。同様に、アプライアンスをエンドツーエンドのSSL暗号化展開モードで展開する場合は、VDAIPアドレスをVDA証明書にマップする必要があります。

警告

alt-httpアプリケーションのポート番号を他のポート番号に変更しないでください。このアプリケーション分類子を削除するか、変更する必要がある場合は、ポート8008をHTTPアプリケーション分類子に追加する必要があります。

HTML5接続用のCitrix Receiverを確認する

アプライアンスがHTML5接続用にCitrix Receiverを最適化していることを確認するために、接続がCitrixにリストされているかどうかを確認できます (ICA/CGP) およびICAAdvancedモニタリングページ。監視ページにHTML5接続が存在することは、アプライアンスがCitrix ReceiverをHTML5接続用に最適化していることを示しています。

Citrix SD-WAN WANOPアプライアンスでCitrix Receiver for HTML5接続を確認するには:

  1. モニタリング > 最適化 > Citrix (ICA/CGP) ページに移動します。

  2. [ ICA接続 ]タブで、HTML5接続が一覧表示されていることを確認します。次のスクリーンショットに示すように、HTML5接続は、[クライアントコンピューター名]列のプレフィックスとしてHTMLを使用して表示されます。

    ローカライズされた画像

  3. モニタリング> 最適化> ICA詳細ページに移動します。</span>

  4. [接続 情報 ]タブで、[ICAクライアントおよびサーバー情報]セクションまで下にスクロールします。次のスクリーンショットに示すように、HTML5接続のエントリでは、[製品ID]列にCitrixHTML5クライアントがあります。

    ローカライズされた画像

HTML5用にCitrix Receiverを最適化する