Citrix SD-WAN WANOP 11.3

グループモードのしくみ

グループモードでは、グループの一部であるアプライアンスはそれぞれ、グループの接続の一部の所有権を取得します。特定のアプライアンスが接続の所有者である場合、そのアプライアンスはその接続に関するすべてのアクセラレーション決定を行い、圧縮、フロー制御、パケット再送信などを担当します。

アプライアンスは、所有者ではない接続のパケットを受信すると、所有者であるアプライアンスにパケットを転送します。所有者はパケットを調べ、適切なアクセラレーションの決定を行い、出力パケットを所有していないアプライアンスに転送します。このプロセスは、ルーターによって行われたリンクの選択を保持し、接続内のすべてのパケットを所有するアプライアンスで管理できるようにします。ルーターの場合、アプライアンスの導入による影響はありません。ルーターを再構成する必要はなく、アプライアンスはルーティングメカニズムを理解する必要もありません。それらは単にルーターの転送決定を受け入れます。

図1:グループモードでの送信側トラフィック

グループモードでの送信側トラフィック

図2:グループモードでの受信側のトラフィックフロー

グループモードでの受信側のトラフィックフロー

グループモードには、ユーザーが選択できる2つの障害モードがあり、そのうちの1つに障害が発生した場合に、グループメンバーが相互に対話する方法を制御します。障害モードは、障害が発生したアプライアンスのバイパスカードが開く(アプライアンスを通過するトラフィックをブロックする)か、閉じたままにする(トラフィックが通過できるようにする)かを決定します。故障モードは次のとおりです。

加速を続ける- グループメンバーに障害が発生した場合、そのバイパスカードが開かれ、障害が発生したアプライアンスを通過するトラフィックはありません。冗長リンクが使用されている場合、結果はおそらくフェイルオーバーです。そうしないと、リンクにアクセスできなくなります。グループ内の他のアプライアンスは加速し続けています。通常のハッシュアルゴリズムは、変更された条件を処理します。(つまり、古いハッシュアルゴリズムが使用され、障害が発生したユニットが所有者として示されている場合は、新しい、より小さなグループに基づくハッシュアルゴリズムが適用されます。これにより、できるだけ多くの古い接続が保持されます。)

加速しない- グループメンバーに障害が発生すると、そのバイパスカードが閉じ、トラフィックが加速せずに通過できるようになります。加速されていないパスは非対称ルーティングを導入するため、グループの他のメンバーも障害を検出するとパススルーモードになります。

グループモードのしくみ