Citrix SD-WAN WANOP 11.3

グループモードを使用する場合

次の一連の状況でグループモードを使用します。

  • 複数のWANリンクがあります。
  • 非対称ルーティングの可能性があります(特定の接続上のパケットがいずれかのリンクを通過する可能性があります)。
  • グループモードは、単一のアプライアンスを使用する代替モードよりもシンプルで実用的です。

代替手段は次のとおりです。

  • 2つ以上のリンクからのトラフィックがWCCPプロトコルを使用してWANルーターによって同じアプライアンスに送信されるWCCPモード。
  • 仮想インラインモード。ルータは、同じアプライアンス(または高可用性ペア)を介して 2 つ以上のリンクからトラフィックを送信します。
  • 複数のブリッジ。各リンクは、同じアプライアンス内の異なるアクセラレーションブリッジを通過します。
  • LAN レベルの集約。WAN トラフィックが 2 つ以上のパスに分割されるポイントより前に、アプライアンス(または高可用性ペア)を LAN に近づけます。
グループモードを使用する場合