Citrix SD-WAN WANOP 11.3

イーサネットバイパスとリンクダウン伝搬

注:リンクダウン伝播は、7.2.1リリースでSD-WAN(以前のSD-WAN)1000、2000、3000、4000、および5000アプライアンスに追加されました。

ほとんどのアプライアンスモデルには、インラインモード用の「配線失敗」(イーサネットバイパス)機能が含まれています。電源に障害が発生すると、リレーが閉じ、入力ポートと出力ポートが電気的に接続され、アプライアンスがないかのようにイーサネット信号が一方のポートからもう一方のポートに通過できるようになります。フェイルトゥワイヤモードでは、アプライアンスは2つのポートを接続するクロスケーブルのように見えます。

アプライアンスのハードウェアまたはソフトウェアに障害が発生すると、リレーも閉じます。アプライアンスを再起動すると、アプライアンスが完全に初期化されるまでバイパスリレーは閉じたままになり、ネットワークの継続性が常に維持されます。この機能は自動であり、ユーザー設定は必要ありません。

バイパスリレーが閉じていると、アプライアンスのブリッジポートにアクセスできなくなります。

キャリアが一方のブリッジポートで失われた場合、キャリアはもう一方のブリッジポートにドロップされ、リンクダウン状態がアプライアンスの反対側のデバイスに確実に伝播されます。したがって、リンク状態を監視するユニット(ルーターなど)には、ブリッジの反対側の状態が通知されます。

リンクダウン伝播には、次の2つの動作モードがあります。

  • プライマリポートが有効になっていない場合、一方のブリッジポート上のリンクダウンステートは、もう一方のブリッジポート上で一時的にミラーリングされ、その後再び有効になります。これにより、管理、高可用性ハートビート、およびその他のタスクのために、接続されたままのポートを介してアプライアンスに到達できます。
  • プライマリポートが有効になっている場合、アプライアンスは、プライマリポートが管理、高可用性ハートビート、およびその他のタスクに使用されていると(チェックせずに)想定します。一方のブリッジポートのリンクダウン状態は、キャリアが復元されるか、ユニットが再起動されるまで、もう一方のポートに永続的にミラーリングされます。これは、プライマリポートが GUI で有効になっていても、ネットワークに接続されていない場合でも当てはまります。したがって、使用していないときは、プライマリポートを無効(デフォルト)にする必要があります。
イーサネットバイパスとリンクダウン伝搬