Citrix SD-WAN WANOP 11.3

監視とトラブルシューティング

仮想インラインモードでは、WCCPモードとは異なり、アプライアンスは仮想インライン固有の監視を提供しません。仮想インライン展開のトラブルシューティングを行うには、アプライアンスにログインし、[ダッシュボード]ページを使用して、トラフィックがアプライアンスに出入りしていることを確認します。トラフィック転送の失敗は、通常、ルーター構成のエラーが原因で発生します。

[監視:使用状況]または[監視:接続]ページにトラフィックが転送されているがアクセラレーションが行われていないことが示されている場合(アプライアンスがWANリンクのもう一方の端にすでにインストールされていると想定)、着信WANトラフィックと発信WANトラフィックはアプライアンスに転送されています。一方向のみ前進すると加速できません。

ヘルスチェックをテストするには、アプライアンスの電源を切ります。ヘルスチェックアルゴリズムがタイムアウトした後、ルータはトラフィックの転送を停止する必要があります。

監視とトラブルシューティング