Citrix SD-WAN WANOP 11.3

HTTPS経由のRPC

HTTPS接続を介してRPCを高速化するサービスクラスを作成する必要がありますか?

新しいサービスクラスの作成はオプションのタスクです。既存のHTTPSサービスクラスを使用できます。ただし、RPC over HTTPS接続専用のレポートを作成するには、新しいサービスクラスを作成し、SSLプロファイルをそれにバインドする必要があります。RPC over HTTPS接続のサービスクラスを作成したくない場合は、作成したSSLプロファイルをWeb(Private-Secure)サービスクラスにバインドできます。

RPC over HTTPSアプリケーションのサービスクラスを作成していません。これは、HTTPS接続を介したRPCのレポートにどのように影響しますか

アプライアンスをリリース7.3にアップグレードすると、作成されたRPC over HTTPSアプリケーションはどのサービスクラスにも属しません。その結果、すべてのRPC over HTTPS接続は、レポートにTCPその他の接続としてリストされます。これらの接続をRPC over HTTPS接続として分類する場合は、これらのアプリケーションのサービスクラスを作成する必要があります。

アプライアンスにRPC over HTTPSのデフォルトのサービスクラスはありますか?

いいえ。アプライアンスにはデフォルトのアプリケーションのみがあり、デフォルトのサービスクラスはありません。アプリケーションのサービスクラスを作成する必要があります。

アプライアンスは、HTTPS接続を介してRPCにSSL圧縮の利点を提供しますか?

いいえ。アプライアンスは、HTTP接続を介したRPCにSSL圧縮の利点を提供しません。圧縮の利点は、HTTPSトラフィックの暗号化と復号化でのみ利用できます。

MAPIと同様に、アプライアンスはHTTPS接続を介したRPCの遅延を最適化しますか?

いいえ。アプライアンスは、RPC over HTTPSの遅延を最適化しません。

MAPI over HTTPはRPC over HTTPSとは異なりますか?

はい。MAPI over HTTPは、Microsoft Exchange Server 2013SP1以降でサポートされる新しいプロトコルです。

クライアント側とサーバー側のCitrix SD-WAN WANOPアプライアンスのRPC over HTTPS設定の違いは何ですか?

サービスクラスを作成し、RPC over HTTPSアプリケーションを追加することを除いて、クライアント側のCitrix SD-WAN WANOPアプライアンスで追加の構成を行う必要はありません。

SSLプロファイルを透過プロキシモードで構成するとどうなりますか?

一部のExchangeサーバーでは、TLSセッションチケットのサポートが必要です。透過プロキシモードはTLSセッションチケットをサポートしていないため、これらのサーバーへの接続を高速化するには、分割プロキシを使用してSSLプロファイルを作成する必要があります。

Microsoft Exchange Serverに負荷分散の設定を使用する場合、RPC over HTTPSサービスクラスを作成するときに、どの宛先IPアドレスをフィルタールールに追加する必要がありますか?

負荷分散アプライアンスを使用している場合は、RPC over HTTPサービスクラスを作成するときに、その仮想IP(VIP)アドレスをフィルタールールに追加します。

Outlook(MAPI)ページでHTTPトラフィックを介してMAPとRPCを区別するにはどうすればよいですか?

Outlook(MAPI)ページに表示されるアプリケーションに基づいてトラフィックを区別できます。たとえば、MAPIおよびRPC over HTTPSは、次のアプリケーションに使用されます。

  • MAPI: MAPIおよびeMAPI

  • HTTPS経由のRPC: HTTP MAPI、HTTP eMAPI、HTTPS MAPI、およびHTTPS eMAPI

HTTPS経由のRPC