Citrix SD-WAN WANOP 11.3

さまざまな展開モードで処理されるアプライアンスの障害

Citrix SD-WAN WANOPアプライアンスには、ソフトウェア、ハードウェア、および電源障害が発生した場合の接続の喪失に対する保護手段があります。これらのセーフガードはモードに依存します。

インラインモードでは、アプライアンスは、ハードウェア、ソフトウェア、または電源障害が発生した場合でもネットワークの継続性を維持します。存在する場合、電源が失われたり、その他の障害が発生したりすると、アプライアンスのバイパスリレーが閉じます。バイパスカードのないインラインアプライアンスは通常、重大な障害が発生した場合にトラフィックをブロックしますが、ネットワークスタックは実行されているが、アクセラレーションソフトウェアが無効になっているか、永続的であるためにシャットダウンした場合など、特定の条件下でトラフィックを転送し続けます。エラー。

通常、既存の高速接続は障害後に応答しなくなり、最終的にはエンドポイントの1つでアプリケーションまたはネットワークスタックによって終了します。一部の加速接続は、障害後も加速されていない接続として継続する場合があります。新しい接続は非高速モードで実行されます。

アプライアンスがオンラインに戻ると、既存の接続は高速化されていない接続として継続されます。新しい接続が加速されます。

WCCPモードでは、ルータは応答を停止するアプライアンスをバイパスし、アプライアンスが再び応答を開始すると接続を再開します。WCCPプロトコルには、統合されたヘルスチェックがあります。

「verify-availability」オプションを 仮想インラインモードで使用すると、ルータはWCCPモードの場合と同じように動作し、使用できない場合はアプライアンスをバイパスし、使用できる場合は再接続します。「verify-availability」が使用されていない場合、アプライアンスが使用できないと、アプライアンスに転送されたすべてのパケットがドロップされます。

グループモードでは、アプライアンスは「オープン」(ブリッジングが無効)または「クローズド」(ブリッジングまたはバイパスリレーが有効)に失敗するように構成できます。

高可用性 モードでは、一方のHAアプライアンスに障害が発生すると、もう一方が自動的に引き継ぎます。アプライアンスのバイパスカードはHAモードでは無効になっているため、HAアプライアンスがインラインモードで両方のアプライアンスに障害が発生すると、接続が失われます。

リダイレクタモードでは、Citrix SD-WAN WANOPプラグインがリダイレクタモードアプライアンスのヘルスチェックを実行し、応答しないアプライアンスをバイパスして、代わりにエンドポイントサーバーにトラフィックを直接送信します。

さまざまな展開モードで処理されるアプライアンスの障害