Citrix SD-WAN WANOP 11.3

CIFS、SMB2、およびMAPI

Windowsは、ネットワークに展開される一般的なオペレーティングシステムの1つです。Windowsオペレーティングシステムは、場所間で共有される分散リソースをサポートします。たとえば、データセンター内のリソースにさまざまなブランチオフィスからアクセスできるようにすることができます。ネットワーク経由でアクセスする場合、Windowsは共有ファイルにアクセスするためにCommon Internet File System(CIFS)プロトコルを使用し、MicrosoftOutlookを介して電子メールにアクセスするためにMessagingApplication Programming Interface(MAPI)プロトコルを使用します。つまり、WindowsはCIFSベース(WindowsおよびSamba)のファイル転送とディレクトリブラウジングにCIFSプロトコルを使用し、Microsoft OutlookはMAPIプロトコルを使用してOutlookデータにアクセスします。

Citrix SD-WAN WANOPアプライアンスを使用して、ネットワークを介したCIFS、サーバーメッセージブロックバージョン2(SMB2)、およびMAPI接続を最適化できます。

Citrix SD-WAN WANOPアプライアンスは、Windowsオペレーティングシステムのサポートに加えて、NetAppおよびHitachiストレージシステム上のCIFSおよびSMB2をサポートします。

以下のフローチャートは、CIFS、SMB2、およびMAPIトラフィックを最適化するためにCitrix SD-WAN WANOPアプライアンスを構成するための完全な手順を示しています。

CIFS、SMB2、およびMAPIトラフィックを最適化するためのCitrix SD-WAN WANOPアプライアンスの構成

ローカライズされた画像

CIFS、SMB2、およびMAPI