Citrix SD-WAN WANOP 11.3

自動検出と自動構成

自動検出と呼ばれるプロセスで、Citrix SD-WAN WANOPユニットは互いの存在を自動的に検出します。アプライアンスは、各接続の最初のパケットにTCPヘッダーオプションを添付します。SYNパケット(接続を開くためにクライアントからサーバーに送信されます)、およびSYN-ACKパケット(接続を示すためにサーバーからクライアントに送信されます)受け入れられました)。SYNパケットにタグを付け、タグ付きのSYNパケットとSYN-ACKパケットをリッスンすることにより、アプライアンスは接続ごとにリアルタイムで互いの存在を検出できます。

自動検出の主な利点は、ネットワークに新しいアプライアンスを追加するたびにすべてのアプライアンスを再構成する必要がないことです。彼らは自動的にお互いを見つけます。さらに、同じプロセスで自動構成が可能です。2つのアプライアンスは、TCPヘッダーオプションを使用して、帯域幅制限(送信方向と受信方向の両方)、基本アクセラレーションモード(ハードブーストまたはソフトブースト)、および許容可能な圧縮モード(ディスク、メモリ、またはなし)などの動作パラメーターを交換します。 。各アプライアンスがそのパートナーに関して必要とするすべての情報は、各接続と交換され、接続ごとのバリエーション(たとえば、許容される圧縮タイプのサービスクラスごとのバリエーション)が可能になります。

図1:自動検出の仕組み

ローカライズされた画像

自動検出プロセスは次のように機能します。

  1. クライアントは、通常どおり、TCP SYNパケットを送信することにより、サーバーへのTCP接続を開きます。

  2. 最初のアプライアンスは、アプライアンス固有のTCPヘッダーオプションのセットをアタッチし、ウィンドウサイズを調整した後、SYNパケットを通過させます。

  3. 2番目のアプライアンスはTCPオプションを読み取り、パケットから削除して、サーバーに転送します。

  4. サーバーは、通常どおりTCP SYN-ACKパケットで応答することによって接続を受け入れます。

  5. 2番目のアプライアンスは、この接続がアクセラレーションの候補であることを記憶し、独自のアクセラレーションオプションをSYN-ACKヘッダーに付加します。

  6. 最初のアプライアンスは、2番目のアプライアンスによって追加されたオプションを読み取り、パケットヘッダーからそれらを取り除き、パケットをクライアントに転送します。これで接続が高速化されました。2つのアプライアンスは、オプション値を介して必要なパラメーターを交換し、接続の間、それらをメモリーに保管します。

接続は高速化され、高速化はクライアント、サーバー、ルーター、およびファイアウォールに対して透過的です。

自動検出と自動構成