Citrix SD-WAN WANOP 11.3

TCPフロー制御モード

TCPフロー制御には、softboostとhardboostの2つのモードがあります。

Softboostは、リンクの帯域幅制限までの速度で高速トラフィックを送信するレートベースの送信者を使用します。帯域幅制限がリンク速度よりわずかに低く設定されている場合、パケット損失と遅延は最小化され、リンク使用率は最大化されます。対話型アプリケーションでは応答時間が速く、一括転送アプリケーションでは帯域幅が広くなります。Softboostは、任意のトポロジの他のアプリケーションとネットワークを共有し、サードパーティのQoSシステムと相互運用します。

Hardboostはsoftboostよりも攻撃的です。パケット損失やその他のいわゆる「輻輳信号」を無視することにより、衛星リンクなど、輻輳に関連しない重い損失に悩まされているリンクで非常に優れたパフォーマンスを発揮します。また、多くの海外リンクなど、バックグラウンドパケット損失が高い低品質の長距離リンクにも優れています。Hardboostは、softboostで十分なパフォーマンスが得られないポイントツーポイントリンクにのみ推奨されます。

Softboostはデフォルトのモードであり、ほとんどの場合推奨されます。

  • ハードブーストは、ハブ帯域幅が少なくとも加速されたスポーク帯域幅の合計に等しい、固定速度のポイントツーポイントリンクまたはハブアンドスポーク展開でのみ使用する必要があります。

  • Softboostとhardboostは相互に排他的です。つまり、相互に通信する必要のあるすべてのアプライアンスを同じに設定する必要があります。一方のユニットがハードブーストに設定され、もう一方のユニットがソフトブーストに設定されている場合、加速は行われません。

ソフトブーストモードを選択するには:

Softboostはデフォルトのモードであり、ほとんどの場合推奨されます。

  1. 構成>リンク>ハードブースト /ソフトブースト をクリックして編集をクリックします。

  2. WANブーストモード として Softboostを選択します。

    ローカライズされた画像

  3. [ 保存]をクリックします

ハードブーストモードを選択するには:

ハードブーストモードは、ハブ帯域幅がアクセラレーションスポークリンクの帯域幅以上である固定速度のポイントツーポイントリンクまたはハブアンドスポークリンクでのみ選択します。

  1. 構成>リンク>ハードブースト /ソフトブースト をクリックして編集をクリックします。

  2. WANブーストモード として ハードブーストを選択します。

  3. WAN帯域幅の受信制限 をリンク速度の95%に設定します。

  4. [保存] をクリックします。

TCPフロー制御モード