Citrix SD-WAN WANOP 11.3

ビデオキャッシュを確認する

[監視]ページ、[ダッシュボード]ページ、および[使用状況]ページのグラフとデータは、ビデオキャッシュ構成によって提供される利点を評価するのに役立ちます。ビデオキャッシングによるデータ削減率(全体的な圧縮率と同様)は、ダッシュボード、ビデオキャッシング監視ページ、および使用状況グラフページに表示されます。また、[ダッシュボード]ページの[データ削減率]にカーソルを合わせると、サポートされているプラットフォームでのキャッシュのメリットの割合と圧縮のメリットの割合が表示されます。

キャッシュの目的は、帯域幅を節約するだけでなく、パフォーマンスを向上させ、ビデオサーバーの負荷を軽減し、ネットワークの輻輳の影響を軽減することです。

ビデオキャッシングによるWAN帯域幅の節約の見積もりは、次のように表示されます。

  • [ダッシュボード]ページで、ダッシュボードの[データ削減]フィールドにカーソルを合わせると、キャッシュのメリットをパーセンテージで表示できます。集約リンクスループットの下で、キャッシュ(キャッシュデータ)から提供されたバイトを表示することもできます。

    ローカライズされた画像

  • モニタリングについて > ビデオキャッシュ ページでは、キャッシュされたオブジェクトの数とキャッシュヒット率(パーセンテージ)を表示できます。バーと時間のグラフには、1分、1時間、1日、1週間、1か月にわたってキャッシュから提供されたリクエストとバイトの数が表示されます。このデータもグラフの下に表形式で表示されます。

    ローカライズされた画像

  • モニタリング > 最適化 > 使用状況グラフ ページでは、LAN監視グラフにキャッシュされたデータを表示できます。

    ローカライズされた画像

  • モニタリング > ビデオキャッシング > HTTP状態 リスト ページでは、改善されたキャッシュ動作を監視できます。このページでは、ビデオキャッシュに関するHTTP接続の状態を報告します。

  • モニタリング > 最適化 > [接続] ページでは、[高速接続]タブでキャッシュされた接続を表示できます。キャッシュヒットとキャッシュミスの両方がここに表示されます。キャッシュ接続は、加速されていなくてもここに表示されます。つまり、パートナーのCitrix SD-WAN WANOPアプライアンスが接続に関与していない場合でも、キャッシュされた接続がここに表示されます。帯域幅の節約 (%) 列には、キャッシュまたは圧縮のいずれを介しても、トランザクションによって節約されたWAN帯域幅の量の棒グラフが表示されます。キャッシュと圧縮の目的は、帯域幅の使用量を減らすことではなく、速度と使いやすさを向上させることですが、速度と使いやすさの向上は、多くの場合、帯域幅の削減に関連しています。つまり、帯域幅を90%節約すると、速度が10倍になります。

    ローカライズされた画像

ビデオキャッシュを確認する