Citrix SD-WAN WANOP 11.3

Citrix Virtual Apps and Desktops の高速化

この説明では、 Virtual Appsとは 、ICAプロトコルストリームと CGP プロトコルストリームを指します。したがって、Virtual Appsについて言われていることは、Virtual Desktopsにも適用されます。

Virtual Apps/Virtual Desktops (ICA/CGP) アクセラレーションには、次の 3 つのコンポーネントがあります。

  • 圧縮:アプライアンスはVirtual Appsクライアントおよびサーバーと連携して、対話型データ(キーボード/マウス/ディスプレイ/オーディオ)およびバッチデータ(印刷およびファイル転送)用にVirtual Appsのデータ・ストリームを圧縮します。この相互作用は透過的に行われ、アプライアンスの構成は必要ありません。古いVirtual Appsサーバー (リリース 4.x) では、以下に説明する少量の構成が必要です。

  • マルチストリームICA-圧縮に加えて、Citrix SD-WAN WANOPアプライアンスは新しいマルチストリームICAプロトコルをサポートします。このプロトコルでは、同じ接続ですべての優先順位を多重化する代わりに、最大4つの接続が異なるICA優先順位に使用されます。このアプローチにより、特にアプライアンスのトラフィックシェーピングと組み合わせると、インタラクティブタスクの応答性が向上します。

  • トラフィックシェーピング:Citrix SD-WAN WANOP トラフィックシェーパーは、Virtual Appsデータプロトコルのプライオリティビットを使用して、接続の優先度をリアルタイムで調整し、各接続の帯域幅共有と現時点で接続を送信しているものと一致させます。

    マルチストリームICAはデフォルトで無効になっています。機能ページで有効にできます。マルチストリームICAおよびAutoQoSでは、セッションの信頼性を有効にする必要があります。

Citrix Virtual Apps and Desktops リリース7.0以降のICA接続を最適化するために、Citrix SD-WAN WANOPアプライアンスは、Citrix Receiver for Chromeリリース1.4以降、およびCitrix Receiver for HTML5リリース1.4以降をサポートしています。

からのHDXトランスポートプロトコル UDP/EDT TCPへ-特定のネットワーク条件では、 UDP/EDT HDXトラフィックを配信するための最適化されたプロトコルとして使用することはできません。プロトコルをTCPに変更して、WANOPが 提供できるようにすることができます。

  • Compression/DDup 利点
  • 可視性(ローカルレポートとHDX Insight)

WANOPは、EDTトラフィックをブロックし、セッションをTCPに強制することができます。セッションの開始時に、Citrix ReceiverはTCPとEDTの両方でセッションを開始します。EDTセッションが確立されていない場合は、TCPセッションが使用されます。WANOP GUIは、機能ページでTCPプロトコルでセッションを強制するオプションを提供します。

Citrix Virtual Apps and Desktops の高速化