アクティブ帯域幅テスト

アクティブ帯域幅テストでは、パブリックインターネット WAN リンクを介してインスタントパス帯域幅テストを発行したり、パブリックインターネット WAN リンク帯域幅テストを繰り返し実行するようにスケジュールしたりできます。この機能は、新規および既存のインストール時に 2 つのロケーション間で使用可能な帯域幅の量を示す場合に役立ちます。また、DSCP タグ設定や帯域幅許可レートを調整するなど、設定および確認の変更の結果を判断するためのパスをテストする場合にも役立ちます。

アクティブ帯域幅テスト機能を使用するには、次の手順を実行します。

  1. [ システムメンテナンス ] > [ 診断 ] > [ パス帯域幅] に移動します。
  2. 目的の パスを 選択し、[ テスト] をクリックします。

    ローカライズされた画像

    出力には、テストの WAN リンクの最小帯域幅と最大帯域幅の結果の許容レートとして設定する値として使用される平均帯域幅が表示されます。帯域幅をテストする機能に加えて、学習した帯域幅を使用するように構成ファイルを変更できるようになりました。これは、[ サイト ] > [ WAN リンク] [サイト名] > [WAN リンク名] [ 設定] の下にある [自動学習] オプションによって実現されます。有効にすると、システムは学習した帯域幅を使用します。

    また、週単位、日単位、または時間単位の間隔で、パス帯域幅の繰り返しテストをスケジュールすることもできます。

    ローカライズされた画像

    このページの下部に、パス帯域幅テスト結果の履歴が表示され、結果は 7 日ごとにアーカイブされます。

    ローカライズされた画像

アクティブ帯域幅テスト