Citrix SD-WAN

適応型帯域幅検出

この機能は、VSAT、LOS、マイクロ波、3G/4G/LTE WAN リンクを持つネットワークに適用できます。使用可能な帯域幅は、気象と大気の条件、場所、およびサイトの障害物によって異なります。これにより、SD-WAN アプライアンスは、定義された帯域幅範囲(最小および最大 WAN リンクレート)に基づいて WAN リンクの帯域幅レートを動的に調整し、パスに BAD マークを付けずに、使用可能な帯域幅の最大量を使用できます。

  • 帯域幅の信頼性(VSAT以上、マイクロ波、3G/4G、LTE以上)
  • ユーザーが構成した設定よりも適応型帯域幅の予測性が向上

ローカライズされた画像

適応型帯域幅検出を有効にするには、次の手順を実行します。

この機能を使用するには、前提条件として [Bad Loss sensitivity] オプションを有効にする必要があります (デフォルト/カスタム)。[ グローバル ] > [自動パスグループ ] >[[自動パスグループ名]]> [ 不良ロスセンシティブ ] で有効にすることができます。

  1. [ グローバル ] > [自動パスグループ ] >[[自動パスグループ名]]>[不良ロスセンシ ティブ] で、[ 適応帯域幅検出] を有効にします。

  2. [ 構成エディタ ] > [ サイト ] > [[サイト名]]>[ WAN リンク ] >[[WANリンク名]]> [ 設定 ] > [ 詳細設定]に移動します。ローカライズされた画像

  3. [ 適応帯域幅検出 ] チェックボックスをオンにし、[ 最小許容帯域幅] フィールドに値を入力します。

  4. [ 監視] > [ 統計 ] > [ WAN リンク の使用状況] > [使用量および許可レート ] の順にナビゲートして、[ 使用量および 許可レート]を表示します。 ローカライズされた画像

適応型帯域幅検出